スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月14日

コンテンツ番号8742

1 概要

 小杉駅周辺地区は、市の新総合計画「川崎再生フロンティアプラン」において、広域拠点として位置づけられており、主にJR武蔵小杉駅南側の地域における再開発や、JR横須賀線武蔵小杉新駅の整備が進められてきました。
 今後、JR南武線の北側地区における開発計画や、南側の大規模工場移転後の商業施設計画等も予定されており、こうした「都市計画マスタープラン中原区構想」策定後の新たな動きに対して、まちづくりの方向性を示すため、平成20年2月に「小杉駅周辺将来構想」が策定されました。
 今回の「都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想」は、都市計画マスタープランの三層目にあたる、本市初の「まちづくり推進地域別構想」として、「小杉駅周辺将来構想」を都市計画法上の上位計画として位置づけ、各種事業等を適切に誘導していくための指針となるものです。

※データ量が大きいため、分割して掲載しています。また、表示に時間がかかることがありますので、ご了承ください。

2 策定経過

 「都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想」の策定にあたっては、都市計画審議会に学識経験者委員による「都市計画マスタープラン小委員会」を設置し、専門的な助言を得て素案及び案の検討を行うとともに、素案説明会や素案及び案の縦覧、意見書募集などの都市計画決定に準じた手続きを経て、最終的には平成21(2009)年2月16日開催の都市計画審議会の答申を受けて、行政計画として策定・告示しました。

1 都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想(案)(平成20(2008)年12月縦覧)

 「都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想(素案)」にいただいた意見を参考に、同構想の案を作成し、平成20年12月に案縦覧を実施しました。
 なお、期間中に意見書の提出はありませんでした。

小杉駅周辺まちづくり推進地域構想

2 都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想(素案)(平成20(2008)年9月縦覧)

 「都市計画マスタープラン中原区構想」及び「小杉駅周辺将来都市構想」を基に、庁内調整や都市計画審議会都市計画マスタープラン小委員会での審議を経て、同構想の素案を作成し、平成20年9月に素案説明会及び縦覧を実施しました。

小杉駅周辺まちづくり推進地域構想(素案)

都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想の流れ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局計画部都市計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2713

ファクス:044-200-3969

メールアドレス:50tosike@city.kawasaki.jp