川崎市緑の基本計画

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年7月27日

川崎市緑の基本計画の改定

川崎市緑の基本計画とは

 平成6年(1994年)6月の都市緑地保全法(現:都市緑地法)の改正により、市町村による「緑地の保全及び緑化の推進に関する基本方針(緑の基本計画)の策定制度が創設されたことを受けて、本市では、平成7年(1995年)10月に「緑の基本計画(かわさき緑の30プラン)」を策定し緑の保全及び緑化の推進を行い、一定の成果を上げてきました。
 しかしながら、樹林地、農地の地権者の高齢化による相続問題や市域の88%が市街化区域であり開発需要が高いことなどにより、樹林地、農地の減少量が施策成果による実績を上回る実態となっています。こうした状況を見極めながら新たな緑の保全及び緑化の推進施策の検討を行うこと、緑の基本計画を取り巻く社会情勢が大きく変化していることや整合を図る必要のある国の新たな政策や本市総合計画などの上位計画が策定されたことから、平成20年(2008年)3月に川崎市緑の基本計画を改定しました。

生田緑地
臨海部
二ヶ領用水

川崎市緑の基本計画の内容は次のとおりです。

概要版

川崎市緑の基本計画の販売

 かわさき情報プラザ(第3庁舎2階)、中部道水路台帳閲覧窓口(高津区役所1階)、北部道水路台帳閲覧窓口(麻生区役所2階)で販売(1,234円)しています。

 ※ 各区役所の市政資料コーナーで閲覧できます。

自然的環境の分布(緑の現況)調査の実施

 「川崎市緑の基本計画」では樹木の集団(300平方メートル以上のまとまりのある樹林地)、農地、河川等、運河の4つの自然的環境資源について航空写真等により把握し、自然的環境の分布を緑の現況として示しています。平成18年度に行った前回の調査から5年経過した平成23年(2011年)1月1日の状況について再調査し、自然的環境の分布の更新を行いました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部みどりの企画管理課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク17階

電話:044-200-2399

ファクス:044-200-3973

メールアドレス:53mikika@city.kawasaki.jp