スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月4日

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体にとって、自由度が高く、創意工夫を活かせる総合交付金として、国によって平成22年度に創設されました。川崎港では、「利用しやすく安全で憩いとうるおいのある港づくり」を目指して、社会資本整備総合交付金を活用するため、社会資本総合整備計画(防災・安全)を策定し、港湾整備を推進しています。
 

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)(平成27年~平成31年)(第5回変更)

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)(平成27年~平成31年)(第4回変更)

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)(平成27年~平成31年)(第3回変更)

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)(平成27年~平成31年)(第2回変更)

川崎港の社会資本総合整備計画(防災・安全)(平成27年~平成31年)(当初)

お問い合わせ先

川崎市港湾局港湾経営部整備計画課
電話 044-200-3061 ファックス 044-200-3981

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市港湾局港湾経営部整備計画課
電 話 044-200-3061 ファックス 044-200-3981