スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

駐車施設の附置等に関する条例

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月17日

コンテンツ番号18081

条例に基づく手続き

提出書類

  • 届出書(第1号様式)
  • 建築物調書(第2号様式)
  • 台数算定調書(1)駐車場整備地区、商業地域、近隣商業地域用
  • 台数算定調書(2)周辺地区等用
  • 特例承認申請書(第4号様式)
  • 適用除外承認申出書 ※適用除外申請をする場合のみ
  • 関係図面(周辺見取図、配置図、各階平面図、立面図、断面図等)

事務処理に関する日数

 「届出」から約10日を要します。特例承認(敷地外駐車場)の場合は約14日、附置義務の特例の場合は約21日となります。
 建築確認申請の前にこれらの期間を見ておいてください。

工事完了届の提出

 駐車施設の工事が完了したときは、駐車施設を供用する前に、現況写真と図面を添付して「工事完了届(第7号様式)」を提出してください。工事完了届に基づき、完了検査を行います。

共同住宅等の扱い

 共同住宅等でこの条例の適用区域外のもの又は対象規模に満たないものであっても、総合調整条例に基づく駐車場協議の対象となる場合があります。

条例の概要

1 条例の適用区域
(1)駐車場整備地区、商業地域、近隣商業地域
(2)周辺地区等(第一種低層住居専用地域,第二種低層住居専用地域、田園住居地域以外の市街化区域で(1)以外の区域)

2 条例の対象となる建築物
(1)駐車場整備地区、商業地域、近隣商業地域の区域内
 1.特定自動車及び特定自動二輪車 [特定用途部分の床面積]+[非特定用途部分の床面積×0.75]により算出した面積(駐車・駐輪場面積を除く)が1,500m2を超える建築物
 2.荷さばき自動車  特定用途部分の床面積が3,000平方メートルを超える建築物
(2)周辺地区等の区域内
 1.特定自動車及び特定自動二輪車 特定用途部分の床面積が2,000m2を超える建築物
 2.荷さばき自動車 特定用途部分の床面積が3,000平方メートルを超える建築物
 ※特定用途:劇場、映画館、園芸場、観覧場、放送用スタジオ、公会堂、集会場、展示場、結婚式場、斎場、旅館、ホテル、料理店、飲食店、待合、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、舞踏場、遊技場、ボーリング場、体育館、百貨店その他の店舗、事務所、病院、卸売市場、倉庫及び工場
 ※非特定用途:特定用途以外の全ての用途(例:住宅、学校、寺院、図書館、社会福祉施設等)

3 附置義務基準
(1)駐車場整備地区、商業地域、近隣商業地域の区域内
 ア 特定自動車
   【特定用途】
    A 百貨店その他の店舗 300m2に1台
    B 事務所・その他の特定用途 350m2に1台
   【非特定用途】
    C 共同住宅等以外の用途 600m2に1台
    D 共同住宅等計画 戸数の1/3
 イ 特定自動二輪車
   【特定用途】
    A 百貨店その他の店舗・事務所 3,000m2に1台
    B その他の特定用途 8,000m2に1台
 ウ 荷さばき自動車
   【特定用途】
    A 百貨店その他の店舗 2,500m2に1台
    B 事務所 6,000m2に1台
    C 倉庫 2,000m2に1台
    D その他の特定用途 5,000m2に1台
(2)周辺地区等
 ア 特定自動車
   【特定用途】
     300m2に1台
 イ 特定自動二輪車
   【特定用途】
     8,000m2に1台
 ウ 荷さばき自動車
   【特定用途】
     5,500m2に1台

4 附置義務台数の算定
(1)新築の場合附置義務基準の1.~4.の各用途毎に、それぞれの床面積を附置義務基準面積で割って得られた数値等を合計した台数
(2)増築・大規模の修繕等の場合増築等された後の建築物及び増築等される前の建築物をそれぞれ新築したものとみなして、次により算定された台数
 (増築等の後の附置義務台数)-(増築等の前の附置義務台数)
※なお、条例施行日前に建築物が建っていた場合は、条例施行日現在(特定自動車は、平成5年7月1日時点、特定自動二輪車は、平成20年4月1日時点、荷さばき自動車は、平成22年4月1日時点)における附置義務台数を算出する必要があります。

5 駐車マスの規模

駐車場マスの規模
自走式種類規模範囲
(1)普通自動車用2.5m×6.0m以上30%以上
(2)小型自動車用2.3m×5.0m以上*(1)の残りの部分
(3)自動二輪車用1.0m×2.3m以上 
(4)荷さばき自動車幅3.0m×奥行7.7m×高さ3.0m以上(後ろ開き車両用)普通自動車用の内数として算定
(4)荷さばき自動車幅4.0m×奥行6.0m×高さ3.0m以上(横開き車両用)普通自動車用の内数として算定

 * 共同住宅等の用途の部分の駐車マスの規模は全て2.3m×5.0m以上となります。
 ※なお、車いす使用者駐車施設については、まちづくり局建築管理課との事前協議を終了している必要があります。

6 特例措置
 (1)延べ面積6,000平方メートル未満の建築物の駐車台数の緩和
 (2)事務所用途部分の床面積が10,000平方メートルを超える建築物の床面積の逓減

7 敷地外駐車施設の特例
 駐車施設は、原則として建築物の敷地内に設置する必要がありますが、以下の全ての要件に該当する場合は、特例として敷地外駐車施設を承認する場合があります。
(1)当該建築物の構造又は当該建築物の敷地の状態から、建築物の敷地内に駐車施設を附置することができないと認める場合
(2)建築物の敷地から概ね300m以内の場所に立地する駐車施設で、位置、規模、構造等について承認を受けることができる駐車施設であること

8 特定自動車用駐車施設の附置の特例
 駐車施設は、附置義務基準以上の台数を確保する必要がありますが、以下の要件を全て満たす場合は、特例として附置義務基準未満の設置台数を承認する場合があります。
 なお、特例として承認した事由がなくなった場合は、附置義務基準以上の駐車施設の台数を確保する必要があります。詳しくは、交通政策室にお問い合わせください。
(1)建物の用途、建築物において行われる事業の種類、公共交通機関の利用の促進に資する措置が講じられること等により、特定自動車の駐車需要を生じさせる程度が将来にわたり特に低いと見込まれ、かつ、当該建築物の周辺の道路の安全かつ円滑な交通に支障を生じさせる恐れがないとき
(2)自動車の駐車需要等に関する計画を作成し、あらかじめ、当該計画及び駐車施設の位置、規模、構造等について市長の承認を受けている場合

9 駐車場整備地区
 駐車場法に基づく制度であり、商業地域内、近隣商業地域内等又はその周辺地区において自動車交通が著しく輻輳する地区で、道路の効用を保持し、円滑な道路交通を確保する必要があると認められる区域については、都市計画に駐車場整備地区を定めることができるとされています。川崎市の駐車場整備地区の概要は下記資料のとおりです。

 このほか、駐車施設附置の詳細は「川崎市建築物における駐車施設の附置等に関する条例」及び条例の施行規則、運用基準によります。
 なお、下記添付資料から手続きの流れや駐車施設の構造等について詳しく記載されている「関係資料集」をダウンロードできます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局交通政策室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2032

ファクス:044-200-3970

メールアドレス:50kousei@city.kawasaki.jp