硫黄酸化物(SOx)について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年1月4日

 硫黄酸化物は,主に石油,石炭などの化石燃料を燃焼するときに,同時にその中に含まれる硫黄が燃焼することにより発生する物質の総称で,その大部分は二酸化硫黄(SO2)という物質です。
 市内の工場・事業場の排出量は,昭和48年の45,879トンから昭和62年には1,781トンまで減少しました。平成7年度以降は1,500トン未満で推移し,平成26年度は696トンでした。
 したがって,現在では環境濃度も改善され,環境基準に適合しています。

工場・事業場の硫黄酸化物排出量の推移
川崎市「大気汚染速報」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2516

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp