スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

平成21年度 磨けば光る多摩事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年5月17日

コンテンツ番号29057

妊婦体験・赤ちゃんとのふれあい体験定着事業(3年目事業)

 妊婦体験や赤ちゃんとのふれあい体験を通じて、小・中学生がいのちの尊さや大切さを実感し、自分もまた愛情を持って育てられたのだと理解すること、また、福祉教育推進委員会と連携して、多摩区社会福祉協議会の福祉教育サポーターを養成し、当体験事業を多摩区内全(小)中学校での定期的な取組みにつなげることを目指して実施しました。(委託先:特定非営利活動法人ままとんきっず)

めだかの地域大学(2年目事業)

 めだかの地域大学事務所、生田中学校特別創作活動センターを会場にコンサートや講義、日向山での山歩きなどを通じて、地域における「生涯学習の場」「多様な参加の場」ををつくりました。(委託先:特定非営利活動法人秋桜舎コスモスの家)

使用済みてんぷら油回収による資源循環モデル事業

 区役所や生田出張所、建設センターなど、区内全23か所で使用済みてんぷら油を回収しました。回収した廃食油は、リサイクルせっけん「きなりっこ」の原料にし、製造された「きなりっこ」のミニサンプルを回収場所で配布しました。(委託先:かわさきかえるプロジェクト多摩区連絡会)

地域内循環型マーケット「たま楽市」とリユース食器促進活動事業

 ごみの減量に取り組むため、リユース食器・マイ食器の使用などで、環境に配慮した暮らしを提案する「たま楽市」を3回開催しました。また、地域通貨「たま」を使い、その流通を促し、地域コミュニティの醸成を図るとともに、リユース食器の使用啓発を「生田緑地サマーミュージアム」及び登戸東通り商店街「わくわくナイトバザール」で実施しました。(委託先:地域通貨たま運営委員会)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 多摩区役所まちづくり推進部企画課

〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775番地1

電話:044-935-3147

ファクス:044-935-3391

メールアドレス:71kikaku@city.kawasaki.jp