スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

パラリンピック聖火多摩区採火式を開催します!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年7月29日

コンテンツ番号128770

パラリンピック聖火多摩区採火式について

概要

 東京2020パラリンピック聖火フェスティバルの一環として、市内各区でそれぞれの地域性を活かした「採火式」を実施します。各区で採火した種火は、8月14日(土)に開催される市の採火式に送り出します。

 多摩区では、区の貴重な資源であり、日本を代表する古民家の野外博物館の一つである、日本民家園で採火式を実施します。同園内の歴史ある古民家で、共生社会の実現に向けた思いを込めて採火し、「多摩区の希望の火を未来につなぐ」というメッセージを持たせた採火式とします。

実施日時

 令和3年8月13日(金) 午後6時~午後7時

 ※雨天決行(荒天の場合は中止する可能性があります)

実施場所

 川崎市立日本民家園 佐々木家住宅(川崎市多摩区枡形7-1-1)

 採火式当日は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場への入場はできませんのでご了承ください。

 当日の様子は、オンライン(YouTube)で生配信します。自宅で家族など少人数で、ご覧ください。

日本民家園 佐々木家住宅

実施内容

 日本民家園のイベントでも多く利用され、国指定重要文化財でもある「佐々木家住宅」を会場として、同家にある囲炉裏から採火します。

 また、採火に先立って地域で活動している団体による昔話も実施します。

 ※採火式当日は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場への入場はできませんのでご了承ください

 ※採火式当日は、オンラインで生配信し、本ページにてYouTubeのリンク先を公開します 

 ※生配信動画について、ネットワーク環境の影響により、途中で動画が途切れるなど映像に乱れが生じる可能性がございますので、予めご了承ください

 

区の採火者

和秀俊氏(田園調布学園大学人間福祉学部社会福祉学科准教授 兼 地域交流センター長)

和 秀俊 氏(田園調布学園大学人間福祉学部社会福祉学科准教授 兼 地域交流センター長)

 地域福祉の専門家であり、多世代・他分野交流促進や障害者雇用支援、町内会活動などを通した福祉のまちづくりに取り組み、多摩区内で積極的に活動している。

市採火式多摩区代表者

田村和宏氏(プロレスリング・ヒートアップ株式会社)

田村 和宏 氏(プロレスリング・ヒートアップ株式会社)

 障害者支援・青少年育成・地域活動を柱とした社会貢献活動を通じて、施設訪問やまちおこしなどのイベントに積極的に参加している。

囲炉裏の火を焚く団体

炉端の会

 日本民家園において、囲炉裏の火を焚き、床上公開や来園者へのガイドなどを行っているボランティア団体。

昔話を行う団体

多摩区ストーリーテリングおはなし万華鏡

 多摩図書館、近隣の小学校、障害者施設及び日本民家園を拠点に、昔話を語っている団体。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 多摩区役所まちづくり推進部企画課

〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775番地1

電話:044-935-3147

ファクス:044-935-3391

メールアドレス:71kikaku@city.kawasaki.jp