スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市市民ミュージアムの歴史と歩みを辿(たど)る! 展覧会「川崎市市民ミュージアム ー誕生と軌跡ー」を開催します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年1月16日

コンテンツ番号157569

発表日

令和6年(2024年)1月16日

概要

 川崎市市民ミュージアムは、展覧会「川崎市市民ミュージアム ー誕生と軌跡ー」を2024年2月18日(日)から川崎市教育文化会館で開催します。
 当館は、1988年に開館した博物館・美術館の複合施設です。写真・漫画・映画といった複製芸術を収蔵し、先駆的な取組を展開してきました。今回、令和元年東日本台風で被災した建物から麻生区内の仮設事務所に移ったことを機に、これまでの市民ミュージアムの歩みを回顧します。
 今回の展示では、前身の一つである産業文化会館内の博物館も含めた市民ミュージアムの成り立ちを主に構想と建築の面から明らかにすると共に、歴代の企画展を中心に開館以来の歩みを紹介していきます。約100点の展示資料の中でも市民ミュージアム施設の空撮写真群(2023年)は、早稲田大学理工学部古谷研究室と斎藤信吾氏(東京理科大)の協力のもと、ドローン撮影したものです。
 また、会場及び当館オンラインショップで関連書籍『川崎市市民ミュージアム』(税込 1,500円)を販売します。本展に出品された主要な資料を紹介すると共に、川崎市市民ミュージアムの建築とその来歴に関する論考を収録した一冊です。

【開催概要】
会期:2024年2月18日(日)~3月5日(火)
    ※2月19日(月)は休館
会場:川崎市教育文化会館 1階イベントホール、市民ギャラリー
    (〒210-0011川崎市川崎区富士見2‐1-3)
時間:午前9時30分から午後5時まで(最終入場は午後4時45分まで)
観覧料:無料

関連ページ

展覧会の詳細及び関連事業の参加申込については、こちらのページをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局川崎市市民ミュージアム

〒215-0021 川崎市麻生区上麻生6-15-2 川崎市市民ミュージアム

電話:044-712-2800

ファクス:044-712-2804

メールアドレス:25museum@city.kawasaki.jp