平成26年8月フォトリポート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月11日

平成26年8月5日 定例局長会議を毎週火曜日に開催しています

定例局長会議の様子

毎週火曜日、市長、3副市長、各局室区長等が一堂に会し、定例局長会議を開催しています。各局区の事務事業や、政策的な課題等について情報共有や意見交換等を行うもので、この日、市長は、「先日、新たな総合計画づくりに向けた市民検討会に出席させていただきました。参加者はバランスの取れた良い議論をされており、大変に意義のある検討会になっています。各局区長にもぜひ見ていただきたいです」と、述べました。

平成26年8月5日 サマーレビュー(主要課題調整)を実施しました

サマーレビューの冒頭で挨拶する市長

川崎市における主要課題の調整や、新たな総合計画、行財政改革に関する計画の策定に向けて、市長、副市長、関係局区長が議論を行うサマーレビューが、8月5日の「市民こども局こども本部」を皮切りに、1週間にわたって行われました。川崎市が今後、少子高齢化、人口減少社会においても将来にわたって持続的で魅力あるまちとなるよう、市長は、「厳しい財政状況が見込まれる中で、各局区が事業を絞って次なる質的転換を図っていくという認識のもとに市政を進めていきたいです」と、挨拶された後、活発な意見交換が行われました。

平成26年8月6日 ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)東京サイエンスセンター オープニングセレモニーに出席しました

セレモニーで挨拶する市長
テープカットの様子

羽田空港の多摩川対岸にある、ライフサイエンス・環境分野での最先端研究から新産業創出を目指すイノベーション拠点「キングスカイフロント」に、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「東京サイエンスセンター」がオープンしました。この施設には、年間1万人以上のドクターが国内外から集まり、技術トレーニングや研究開発などを行います。市長は、「日本のライフイノベーション戦略に寄与する技術が同センターから生まれることを期待します」と、挨拶しました。

平成26年8月7日 第1回川崎市本庁舎等建替基本計画検討委員会を開催しました

会議で挨拶する市長

市役所本庁舎の建替えに向け、新たな庁舎の機能や役割などを検討する「川崎市本庁舎等建替基本計画検討委員会」の第1回目の会議が開催されました。市長は、「これから長く市民の皆様のシンボルとなるような、行政サービスの中心をつくる歴史的な事業であり、基本計画は最も重要です。皆様の忌憚のない意見をいただき、しっかりとした計画をつくりたいので、御協力をお願いします」と、挨拶しました。

平成26年8月9日 川崎の未来を考える市民検討会を開催しました

挨拶する市長
グループの意見を聴く市長

新たな総合計画策定に向けた「川崎の未来を考える市民検討会」を開催しました。午前中は「10年後のまちのイメージ」、午後は防災や子育てなど4つのテーマで意見交換を行い、20代から80代までの幅広い世代の参加者からは「コンビニを災害時の情報発信基地に」「子どもの頃から自然に親しみ五感を磨ける環境づくりを」など、暮らしに根差した視点からさまざまな意見が出されました。市長も各テーブルを周りながら参加者の意見にじっくりと耳を傾け、「区民同士が対話を重ねて地域の課題について理解を深めていくことが大切です。自分たちがまちづくりの主役だという気持ちで今後も計画づくりに参加してほしいです」と、感想を述べました。

平成26年8月13日 水道施設の整備状況を視察しました

整備状況の説明を聞く市長
施設を視察する市長

再構築事業を実施している長沢浄水場や生田浄水場、さらには、配水池の耐震化等、主要な水道施設の整備状況を視察しました。安全・安定給水強化のための震災対策をはじめ、自然流下を最大限活用した省エネルギー型の水道システム、施設上部に設置したソーラーシステムや小水力発電による再生可能エネルギーの活用など、環境に配慮した取組を視察した市長は、「水道は、今後もエネルギーの効率化に取り組むとともに、再構築事業の平成28年度完成に向けて、引き続き市民のために頑張ってください」と、述べました。

平成26年8月20日 サッカー天皇杯3回戦を応援しました

観戦する市長
応援する市長

川崎フロンターレの天皇杯3回戦が等々力陸上競技場で行われ、市長が応援しました。試合は惜しくも敗れてしまいましたが、市長は市制90周年記念ユニフォームを着用し、選手に熱い声援を送りました。

平成26年8月21日 神奈川科学技術アカデミーを視察しました

説明を聴く市長

学技術分野における研究開発と産業振興を推進する、公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)を視察しました。液晶ディスプレイや太陽光発電に利用されるレアメタル代替透明電極技術、汚れが付きにくい塗料や空気清浄機のフィルターに利用される光触媒技術及び地元企業に提供している高倍率顕微鏡等での計測・評価技術など、研究開発と企業支援の取組みを視察した市長は、「先端的な科学技術を活かして地域の企業を支援する素晴らしい活動です。今後も技術の向上と地元の産業振興を目指して連携を深めたいです」と、述べました。

平成26年8月23日 川崎市制90周年記念多摩川花火大会を開催しました

セレモニーで挨拶する市長
花火大会の様子1
花火大会の様子2

高津区諏訪・多摩川河川敷で、「川崎を一歩先へ、もっと先へ」をテーマに川崎市制90周年記念多摩川花火大会が開催されました。市長は開催セレモニーの中で、「146万人市民の皆様とともに、もっといい川崎をみんなでつくりたい」と、テーマに込めた思いを述べられました。また、今回が市制90周年の記念大会であることに触れ、「90周年にふさわしい仕掛け花火や、『ハナビリュージョン』の選曲も楽しんでほしいです」と、挨拶しました。

平成26年8月26日 川崎市立川崎高等学校及び附属中学校・川崎市南部地域療育センターの竣工式を行いました

竣工式でテープカットをする市長
式典で挨拶する市長

川崎市初となる中高一貫教育校の川崎高等学校及び附属中学校と川崎市南部地域療育センターが合築施設として完成しました。竣工式には、市議会や学校等の関係者に加え、地元代表や実際に通う中学校と高等学校の生徒も参加し、市長は挨拶で「施設はできました。これからは先生や職員だけでなく、地域の皆様の理解と協力があってこそ良いものになっていきます」と述べ、式典後は施設の見学を行いました。

過去のフォトリポート

平成26年度 フォトリポート

平成25年度 フォトリポート

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局シティプロモーション推進室 ブランド戦略担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2297
ファクス:044-200-3915
メールアドレス:17brand@city.kawasaki.jp