ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月14日

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

PCB廃棄物は、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特措法」という。)に従って処分期間内に必ず処分しなければなりません。また、平成28年8月から施行されたPCB特措法の改正に合わせ、使用中の変圧器やコンデンサー等の高濃度PCB使用製品についても処分期間内に使用を終えて処分するよう、電気事業法の「電気設備に関する技術基準を定める省令」等が改正されました。

詳細は、環境省の特設サイト「ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト外部サイトへリンクしますをご覧ください。

 

  • 日本政策金融公庫における貸付制度(PCB廃棄物の処理に係る運転資金制度)が開始されました。
    詳細は日本政策金融公庫のホームページ外部サイトへリンクしますを御参照ください。(一番下の「PCB廃棄物処分関連」を御覧ください。)

 

  • PCB廃棄物の処理に関する「法令」、「処理基本計画」、「各種パンフレット」、「各種ガイドライン」、「届出」、「無害化処理認定施設」、「検討会等」、「各種通知等」については、環境省のホームページ外部サイトへリンクしますをご参照ください。

 

  • PCB廃棄物を保管している事業者は、PCB特措法により、毎年6月30日までに前年度のPCB廃棄物の処分や保管状況などを届出する事が義務付けられています。また、同法の改正により、高濃度PCB使用製品の一部についても届出が義務付けられました。
  •          届出様式はこちらをご参照ください。


  • PCB廃棄物は特別管理産業廃棄物です。
    特別管理産業廃棄物管理責任者を設置し、適正な保管・管理をお願いします。
    詳細はポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正管理の手引き(現在更新作業中)を参照してください。

 

  • 高濃度PCB廃棄物の処理料金、中小企業者等への処理費用軽減措置、早期登録・調整協力割引などについては、高濃度PCB廃棄物の広域的な処理を行なう中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)のホームページで公開されています。
    中間貯蔵・環境安全事業株式会社外部サイトへリンクします

 

 

  • 平成17年2月10日、PCB廃棄物の処理作業等における安全衛生対策については、厚生労働省が要綱を発表しました。

PCB廃棄物の処理作業等における安全衛生対策要綱

問い合わせ先

環境局生活環境部廃棄物指導課 計画推進係

  • 収集運搬に関して
    044-200-2593
  • 保管・管理に関して
    044-200-2596

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部廃棄物指導課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2596

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30haiki@city.kawasaki.jp