スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

療育手帳判定

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年3月28日

コンテンツ番号22272

(1)判定の原則

 知的障害として認定されるためには、18歳未満であれば管轄の児童相談所での判定が、18歳以上であれば更生相談所での判定が必要となります。

 病院や障害者職業訓練校等他機関で受けた心理検査の結果は、参考にはなりますがそれ自体に知的障害として認定するための効力はありません。

(2)手続き

 知的障害としての判定は児童相談所または更生相談所で行っていますが、すべて各区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)を通しての予約制となっていますので、判定を受けることを希望される場合は、まずお住まいの区内にある区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)に相談に来ていただくこととなります。

(3)判定

 判定予約日が決まりましたら、本人・保護者とで更生相談所(18歳未満は児童相談所)へ来所してください。本人は心理判定員が面接・検査を実施し、保護者はケースワーカーが面接させていただきます。時間はおおよそ2時間程度です。

 なお、来所することが困難な場合は、巡回での判定も実施していますので、ご相談ください。

(4)療育手帳発行

 更生相談所(児童相談所)での判定の結果は、後日各区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)あてお知らせいたします。本人・保護者には各区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)から連絡がありますので、療育手帳発行を希望される場合には、写真・印鑑等必要書類を用意していただき、各区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)で発行してもらってください。この時、各障害程度に応じた福祉サービスの説明があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害者更生相談所

〒213-0002 川崎市高津区二子6-14-10

電話:044-811-0003

ファクス:044-811-0172

メールアドレス:40kosei@city.kawasaki.jp