スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ハチの見分け方・駆除方法

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年6月13日

ミツバチの分蜂写真

ハチの見分け方・駆除の方法

市内で見かけるハチの種類

フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチの写真

体長:14~18mm

色:体は黒色で鮮やかな黄色のしまがある。腹部に二つの丸い黄色紋があり、こう呼ばれる。

本州でもっともよく見られるアシナガバチ。人家付近に巣を作ることが多い。

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチの写真

体長:21~26mm

色:体は黒色、頭部は黄褐色。黒地に褐色がかった黄色の模様で、胸部外側が黒いのでこう呼ばれる。

本州でよく見られるアシナガバチ。人家付近や平地に巣を作る

コアシナガバチ

コアシナガバチの写真

体長:11~17mm

色:体は黒色で鮮やかな黄色のしまがある。腹部の上から2番目の縞だけが褐色。

他のアシナガバチに比べて小さい。反り返った形の巣を作る

ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチの写真

体長:24~37mm

色:黒色で黄赤色のしま模様。腹端の色が黒く他のスズメバチと区別できる。

オオスズメバチについで大きい。巣の形に特徴があり、電灯の傘状に下部が開いている。屋根裏、土中、樹洞などの閉鎖された場所に巣を作る。

コガタスズメバチ

コガタスズメバチの写真

体長:21~27mm

色:体は黒褐色で黄色のしま模様。キイロスズメバチより黒部分が多い。

全国に分布する。キイロスズメバチと並んでもっとも多い。樹の枝や家屋の軒下などの開放的な場所に巣を作る。

キイロスズメバチ

キイロスズメバチの写真

体長:17~24mm

色:黄色地に黒いしまがある。体表は毛でおおわれている。黄色部分が目立ち、飛んでいるときは橙黄色に見える。別名ケブカスズメバチ。

全国に分布し、スズメバチ族中もっとも普通に見られる。樹の枝、家の軒下などのほか、屋根裏や土中などさまざまな場所に巣を作る。

セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチの写真

体長:13mm前後

色:黄色地に黒しま模様。腹部上側がオレンジ色。体表や足に長い毛がある。

明治時代に養蜂のため移入され、今では全国で広く飼われ、野生化している。屋根裏、床下、樹の穴など閉鎖空間(周りがおおわれている場所)に巣を作る。

ニホンミツバチ

ニホンミツバチの写真

体長:12mm前後

色:暗い茶褐色で、腹部にしま模様がある。セイヨウミツバチより全体に黒っぽく、腹部上部は黒褐色。体表や足に長い毛がある。

本州から九州に分布する日本の在来種。屋根裏、床下、樹の穴など閉鎖空間に巣を作る。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 健康危機管理担当(感染症担当)

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp