スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

感染症患者対応ブラインド訓練について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月5日

川崎市では感染症患者対応ブラインド訓練を実施しています

 近年、海外においてエボラ出血熱や中東呼吸器症候群(MERS)等の感染症のアウトブレイクが発生し、新型インフルエンザを含めこれら感染症の日本国内への侵入が懸念されています。

 特に、川崎市は、臨海部が羽田東京国際空港に隣接しており、海外で流行する感染症の侵入に備える必要があります。

 2020年には、東京オリンピック・パラリンピック大会が開催されることから、国内外の多くの方が、首都圏の大会会場周辺に集まることが予想されるため、感染症のアウトブレイクや生物テロ等を見据えた対応訓練が重要です。

 そこで、平成28(2016)年度から市内医療機関に御協力いただき、患者発生の探知から患者への適切な医療の提供及びまん延防止までの一連の対応について、「ブラインド訓練」を実施しています。

ブラインド訓練とは…?

 疾患名も含め患者想定は、模擬患者役以外には明らかにせずに実施する訓練です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 感染症担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp