ブロック塀等の安全点検と撤去の助成制度

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年10月30日

安全点検の方法

 大阪北部地震で小学校のブロック塀の倒壊による事故を受けまして、市民の方から所有のブロック塀の安全性に関するお問い合わせを多くいただいております。

 まずは、このリーフレットを参考に、ブロック塀の安全性について、点検してください。安全でないと判断された場合には、改善が必要となります。また、リーフレットには、一時的な対策として転倒防止対策や、建築基準法で定められた基準も載せてありますので、ご活用ください。

 国土交通省のホームページでも、建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について掲載しておりますので、ご参照ください。 【国土交通省の建築物の塀の安全点検等について】外部サイトへリンクします

ブロック塀等の撤去等の助成制度について

1 ブロック塀等を撤去される方(平成30年11月から助成制度を開始)

 平成30年11月1日より、自宅等の塀を撤去する場合、費用の一部を川崎市が負担します。(平成32年度まで)

対象となるブロック塀等

次の全てに当てはまるブロック塀・石積塀・レンガ積塀・万年塀等

1.川崎市内にあるもの

2.道路または公園に面するもの(隣地に面する塀は対象外ですので、ご注意ください。)

3.安全性の確認ができない高さ1.2m超えるもの(簡単なチェックシートが上記パンフレット「ブロック塀等撤去促進助成金」に記載してありますので、ご自身で確認してください。)

対象となる工事

ブロック塀等の高さが1.2m以下となるように撤去する工事。

上部のみを撤去する工事、全てを撤去する工事とも対象となります。

ブロック塀等の基礎の撤去費は助成金の対象になります。ただし、ブロック塀等の下にある擁壁の撤去費や、塀に設置されているフェンスや門扉(もんぴ)の撤去費は助成金の対象外になりますので、ご注意ください。

施工業者との契約前に申請いただく必要がありますので、ご注意ください。特例として、平成30年6月18日から10月31日までに契約したものは、助成金の対象となります。その場合は、平成30年12月28日までに申請をいただく必要があります。

今年度受付期間

平成30年11月1日(木)~平成31年2月1日(金)

申請できる方

ブロック塀等の所有者及び管理者(個人・法人の別は問いません)。

助成金の額

施工業者に支払った金額のうち、ブロック塀等の撤去に要する費用の1/2。

ただし上限額があります(見付面積×6,250円/平方メートルまたは300,000円)。

助成金申請の方法

助成金の申請に関する具体的な方法については、以下の書類をご参照ください。

助成金申請等に必要な書類について

申請窓口

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

川崎市役所 まちづくり局 指導部 建築指導課 建築安全担当

(市役所本庁舎隣の明治安田ビル(1階にセブンイレブンと神奈川銀行)7階)

申請は、窓口または郵送で受け付けています。ファックス、メールでは受け付けていません。

窓口受付時間は、平日の8時30分から12時まで、13時から17時までです。

窓口受付の場合、申請書類一式のほか、申請書に押された印鑑を持参してください。(申請書の記載に修正が必要な場合、訂正印に使用します。)

2 ブロック塀を生垣にしたい方

 既存のブロック塀を撤去して生垣にする場合、助成制度があります。 【助成事業の詳細について(川崎市公園緑地協会)】外部サイトへリンクします

3 ブロック塀を撤去し、狭あい道路を整備したい方

 ブロック塀が、4m未満の建築基準法による道路に設置されており、かつ、後退用地の寄附を希望される場合には、後退用地にある門、塀、樹木及び擁壁などの除却費の一部について、助成金をお支払します。 【狭あい道路拡幅整備事業について】

4 不燃化重点対策地区(川崎区小田周辺・幸区幸町周辺)の指定路線でブロックの撤去・新設をしたい方

 不燃化重点対策地区(川崎区小田周辺・幸区幸町周辺)の指定路線においては、塀の除却・新設に対しての助成制度をご覧ください。 【区画道路拡幅整備事業】

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築指導課 建築安全担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2757

ファクス:044-200-0984

メールアドレス:50kesido@city.kawasaki.jp