スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

公共交通機関の利用促進

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年5月14日

コンテンツ番号2332

 身近な地域で安全・快適に生活できるように、民間バス事業者に対し、ノンステップバスやICカードシステム及びバスロケーションシステムの導入費用の補助を行うことで、バリアフリー化の推進やバス交通の利便性向上などの推進をしています。

ノンステップバス

 平成12年度より、交通バリアフリー法等に基づき、高齢者、身体障害者等が円滑に利用することができるよう、ノンステップバスの導入を推進しています。

バスロケーションシステム

 平成19年度より、利用しやすい交通環境の整備の一環として、民間バス事業者に対し、バスの位置情報や運行状況をリアルタイムで確認できるバスロケーションシステムの導入費用にバスロケーションシステム補助金を活用しながら、その導入を推進しています。

ユニバーサルデザインタクシー

 平成25年度から、子育て世帯から高齢者、障害者をはじめ誰もが安全・安心で快適に利用できる交通環境の整備を推進することを目的とし、タクシー事業者がユニバーサルデザインタクシーを購入することについて補助を行い、導入促進を図っています。

路線バス社会実験支援制度

 平成26年度から、地域交通の中心的役割を担う路線バス事業において、地域の実状に応じた移動手段を提供し、路線バスネットワークの充実に資することを目的として、バス事業者が路線新設や既存路線の増便等を検討する際に、具体的な需要等を把握するための社会実験制度を創設しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局交通政策室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2034

ファクス:044-200-3970

メールアドレス:50kousei@city.kawasaki.jp