スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

コミュニティ交通

路線バスが使用しづらい地域において、地域ニーズや道路状況、地域住民の高齢化状況、地域の地形(高低差)など地域特性に応じた地域住民の主体的な運営によるコミュニティ交通の導入に向けた取組に対して、地域住民が活動しやすい環境づくり、技術的支援の提供、交通事業者との調整など、取組等の進捗状況に応じた支援を行うとともにICT等新技術・新制度を活用した新たな取組を展開することで、持続可能な交通環境の整備を推進しています。

実験について

コミュニティ交通導入に向けて、取組の熟度が進んでいる地域において、実験を実施しております。

本格運行の実施について

地域住民の主体的な取組の結果により本格運行を実施しております。