ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

サンキューコールかわさき

市政に関するお問い合わせ、ご意見、ご相談

(午前8時から午後9時 年中無休)

閉じる

FMヨコハマ(84.7MHz)

  • 公開日:
  • 更新日:

COLORFUL KAWASAKI

FMヨコハマ「COLORFUL KAWASAKI」(放送日時:毎週日曜日 18:15~18:30)は、川崎エリアから発信されるさまざまなイベントや取り組みを、パーソナリティ・伊藤 彩華が、PR会社「虹色企画」のフォトライターとしてPRするドラマ風トーク番組です。

FMヨコハマ(84.7MHz)外部リンク

放送日時  毎週日曜日 18:15~18:30

パーソナリティ 伊藤 彩華 

COLORFUL KAWASAKI instagram公式アカウント

https://www.instagram.com/colorfulkawasaki/外部リンク

COLORFULKAWASAKI パーソナリティ 伊藤 彩華 画像

放送内容

令和6年5月19日(日)OA 福田市長とCOLORFUL KAWASAKI かわさき飛躍祭

6月29日(土)に開催する「かわさき飛躍祭」。等々力緑地一帯に川崎の魅力のすべてを集めた「アッと(@/at)等々力フェス」、「かわさき100フェス」、川崎フロンターレ市制100周年記念試合、さらにブルーインパルスの展示飛行など、一日中、かわさきを満喫できるフェスティバルについて紹介します。

令和6年5月12日(日)OA かわさき いろいろ 5・7・5

「次の100年に向けて」をテーマに、川崎らしさや川崎のよいところが感じられる作品を募集。6,121の応募作の中から最終選考された8作品に、クスッと笑顔になるようなイラストを添えた『デジタル絵本』が完成! どの作品も「かわさきってそうだよね!」と思わず共感する、川崎の日常、歴史、これからの期待など、川崎愛が詰まった『デジタル絵本』について紹介しました。
今日のテーマ「詠んでみてあなたの川崎どんな色」

令和6年5月5日(日)OA 橘樹(たちばな)歴史公園がオープン!

高津区千年の「千年伊勢山台遺跡橘樹郡家跡」と宮前区野川本町の「影向寺遺跡」の2つの遺跡で構成される国史跡橘樹官衙遺跡群。平成27年に「7世紀後半から10世紀にかけての古代地方官衙の成立から廃絶までの推移を知る上で、全国的にも貴重な遺跡である」と評価され、川崎市初の国史跡に指定。その活用事業の一環として整備した橘樹歴史公園について、全国初の飛鳥時代の倉庫復元や橘樹官衙遺跡群を交えながら紹介しました。
今日のテーマ「肌で感じよう川崎の歴史」


令和6年4月28日(日)OA カワサキノコト ~100周年記念誌~

2024年に迎える市制100周年を記念した「カワサキノコト ~100周年記念誌~」が4月に発行。川崎の優れた交通の利便性、地元企業・研究開発機関の集積、スポーツ・文化芸術資源などのポテンシャルに光を当て、これまで、現在、これからを紹介した記念誌です。「川崎の100年」、川崎ゆかりの著名人による「We Love Kawasaki」や「かわさきトリビア」のほか、「市勢要覧」など、川崎情報満載の記念誌について紹介しました。
今日のテーマ「みんなでつくろう川崎のいろ!」

令和6年4月21日(日)OA 福田市長とCOLORFUL KAWASAKI 災害に強いまちづくり

建物の倒壊などによって大きな被害がもたらされた「能登半島地震」。本市でも大地震への備えに関心が高まるなか、自助・共助による災害に強いまちづくりに向けた取組を推進しています。専門家による無料耐震診断や、耐震改修費などの耐震化支援策のほか、地域で取り組む防災活動の進め方や、課題解決のヒントが掲載された「防災まちづくり事例集」も紹介しました。
今日のテーマ「守っていこうかわさきのまち」

令和6年4月14日(日)OA La cuisine noix(ラキュイジーヌノア)『平瀬川』~かわさき名産品2024-2026~

川崎らしい品物を3年ごとに認定する「かわさき名産品」。今回は、4月から新たに認定された宮前区菅生の「La cuisine noix」の焼き菓子『平瀬川』にフォーカス。地元で採れた梅をジャムにして使用し、濃厚なバターが香るクッキー生地と梅の甘酸っぱさがコラボした人気商品です。美味しいパンも提供している「La cuisine noix」について紹介しました。
今日のテーマ「口にひろがる春の色」

令和6年4月7日(日)OA 100年以上前に開設した「向丘図書館」

宮前区初山の初香山本遠寺が1922年に開設した「向丘図書館」。市内最古の私立図書館で児童書、歴史書、教育書など約5,000冊を所蔵。地域の人たちに愛され、今ではピアノやオルガンも置かれて、音楽教室や講習会の場所としても利用されています。100年以上前から学びや生活、娯楽を支えてきた「地域の図書館」について紹介しました。
今日のテーマ「継がれていく学びの場」

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局シティプロモーション推進室 ブランド戦略担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-3606
ファクス:044-200-3915
メールアドレス:17hoso@city.kawasaki.jp

コンテンツ番号54322