スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

行財政改革第3期プログラム 基本的な考え方

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月1日

コンテンツ番号132326

行財政改革第3期プログラム 基本的な考え方

 本市では、効率的・効果的かつ安定的な行財政運営の下、「川崎市総合計画」に掲げる政策・施策を着実に推進し、新型コロナウイルス感染症等を契機とする新たな課題にも的確に対応するため、中長期的な社会経済状況の変化等を踏まえながら、財源・人的資源等の必要な経営資源の着実な確保等を進めることで、将来にわたり持続可能な行財政基盤を構築するとともに、質の高い市民サービスを安定的に提供することで、市民満足度の一層の向上を図ることができるよう、令和4(2022)年度から令和7(2025)年度までの4年間を計画期間とする「川崎市行財政改革第3期プログラム」の策定を進めています。

 この度、「第1期・第2期プログラムに基づき取り組んできた行財政改革の成果」や「これまでの取組や本市を取り巻く状況等に基づく現状・課題認識」、「今後の行財政改革の取組の柱・方向性」等をお示しする「川崎市行財政改革第3期プログラム 基本的な考え方」を策定し、公表しました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局行政改革マネジメント推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2050

ファクス:044-200-0622

メールアドレス:17manage@city.kawasaki.jp