スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

かわさきそだち栽培支援講座

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年6月1日

コンテンツ番号19167

 農業技術支援センターでは、野菜や果樹等の生産安定を図るとともに、労働力の確保・都市住民との交流を推進するため、生産者への援農(手伝い)を目的とした講座を市民対象に開講しています。

講座について

 講座は、2年間で21回実施します。農作業に関する基礎的な事項から実際の技術まで学んでいただき、講座に17回以上の出席で修了となります。

  1. 1年目 農業技術支援センターで農作業についての基礎的な事項を学びます。
  2. 2年目 主に生産者のほ場で農作業を通じて技術を学びます。

援農について

 市内栽培農家から講座の修了者が組織する会に援農の依頼がきます。依頼に基づき、有償ボランティアとして栽培農家の援農を行います。

講座の募集について

 現在、募集は行っていません。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp