スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ダイオキシン類の排出量の目録(排出インベントリー)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年2月21日

コンテンツ番号45870

目的

国では、「ダイオキシン対策推進基本指針」(平成11年3月30日ダイオキシン対策関係閣僚会議 同年9月28日改定)及びダイオキシン類対策特別措置法(以下「法」という。)第33条第1項の規定に基づき定められた「我が国における事業活動に伴い排出されるダイオキシン類の量を削減するための計画」(平成12年9月29日総理府告示第52号、平成17年6月24日、平成24年8月3日変更。以下「削減計画」という。)に基づき、ダイオキシン類の排出インベントリーを毎年作成し、公表しています。
本市においても、同様の排出インベントリーを作成することにより、ダイオキシン類の排出の現状を把握し、対策の状況を評価するとともに、今後のダイオキシン類の削減に関する取組に資することを目的としています。

対象発生源

対象発生源は、国の排出インベントリーの対象となる発生源としました。

ただし、データ把握が困難な法規制対象外の産業系発生源、自動車排出ガス及びたばこの煙については除外しました。

推計年次

削減計画の基準年となっている平成9年から平成30年の各年の排出量を推計しました。

推計方法の概要

  1. 法規制対象の発生源
    法第28条に基づくダイオキシン類濃度の測定結果に排出ガス量又は排出水量をかけあわせることによりダイオキシン類排出量を推計しました。
  2. 法規制対象外の発生源
    ダイオキシン類濃度及び排出ガス量のデータがある場合はこれらのデータから、ない場合は国の方法に準拠して推計しました。

排出量の推計結果

上記に基づきダイオキシン類の排出量の目録として取りまとめた結果については、別表に示すとおりです。

排出量の推計結果のグラフ

別表 排出量(mg-TEQ/年)

1 大気への排出(単位:mg-TEQ/年)
 一般廃棄物
焼却施設
産業廃棄物
焼却施設
小型焼却炉等産業系発生源火葬場
H95,1634,1259391,41014.0~30.6
H105,2265,3889391,26914.4~31.4
H115,0153,2237501,52714.6~31.8
H124,7478,951781,76514.6~31.8
H133,9048,471911,04415.3~33.4
H141,41860072.51,48215.4~33.6
H1516029339.12,02315.6~34.0
H1614854637.41,28311.4~24.8
H1714167242.71,52210.6~23.2
H1815942238.72,08510.8~23.5
H19243283271,20510.7~23.4
H2015125628.866810.6~23.1
H2110410028.31,040  9.5~22.8
H22689333.41,15410.4~24.9
H231209930.51,44310.3~24.7
H2493234122,44510.4~24.9
H25522498.13,15010.1~24.2
H264928816.2 1,694 9.2~22.1
H274310618.4 1,265 9.8~23.5
H28258519.1 1,503 10.4~24.8
H292810119.62,03110.3~24.7
H306718966.71,610

10.5~25.1

2 水への排出(単位:mg-TEQ/年)
 一般廃棄物
焼却施設
産業廃棄物
焼却施設
産業系発生源下水処理場最終処分場その他
H9064.20.2782.96 
H10065.90.1779.40.34 
H110.0563.90.1874.80.02 
H120.0157.30.2275.80 
H130.0182.60.9633.80.01 
H140.0730.70.6413.20.02 
H150.0235.51.6715.50 
H16042.1011.20 
H17043.305.200.18
H18061.405.70.010.16
H19055021.100.03
H20050.100.701.88
H21070.308.900
H22055.200.900.02
H23041.1010.900
H24044.4010.900
H25037.601.700
H26020.609.9400
H27049.900.4700
H28029.101.9200
H29030.700.7400
H30018.200.2000
3 合計(単位:mg-TEQ/年)
全排出量うち、水への排出対平成9年比
H911,797~11,813145.44100
H1012,982~12,999145.84110
H1110,669~10,686138.9891
H127,733~7,750133.2866
H136,119~6,137117.3252
H143,632~3,65144.5831
H152,583~2,60252.6222
H162,079~2,09353.3118
H172,437~2,45048.7721
H182,783~2,79667.2724
H191,845~1,85876.1216
H201,167~1,18052.7110
H211,361~1,37479.2112
H221,415~1,43056.112
H231,755~1,76952.0115
H242,861~2,87655.3124
H253,520~3,53439.2930
H262,086~2,09930.51 18
H271,492~1,50650.3613
H281,674~1,68831.0214
H292,222~2,23731.4719
H301,956~1,97118.4117

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

環境局環境対策部大気環境課、水質環境課
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2517(大気環境課)、044-200-2521(水質環境課)
ファクス:044-200-3922
メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp(大気環境課)                          30mizu@city.kawasaki.jp (水質環境課)