スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

幼稚園型一時預かり事業実施園における預かり保育料補助事業について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年3月18日

コンテンツ番号129930

幼稚園型一時預かり事業実施園における預かり保育料補助事業

地域型保育事業等(2歳児までの受入施設)の卒園児が幼稚園・認定こども園で実施する幼稚園型一時預かりを利用した場合、預かり保育の利用料のうち、無償化上限額を超える利用料を保護者に対して補助します。

補助の対象(以下(1)~(3)の要件をすべて全て満たす川崎市民の保護者)

(1)地域型保育事業等の卒園児である

(2)卒園後の最初の4月1日時点で幼児教育・保育の無償化の「保育の必要性の認定」を受けている

(3)卒園後の最初の4月1日時点で幼稚園型一時預かり事業を実施する川崎市内の幼稚園・認定こども園に入園している

補助金額(月額)

幼稚園型一時預かり事業を実施する川崎市内の幼稚園・認定こども園の預かり保育料のうち、無償化上限額(月額上限11,300円)を超える利用料に対して、月額上限5,000円を補助します。

補助対象期間

対象となる園児の入園後から就学前まで

ただし、入園後、幼児教育・保育の無償化の「保育の必要性の認定」がない期間が生じる場合や市外幼稚園等に転園する場合は、それ以降補助対象外となります。

申請・請求手続き

原則、通園している園を通して申請してください。必要な書類は、別途園を通じてお知らせします。

川崎市幼稚園型一時預かり事業実施園一覧

川崎市幼稚園型一時預かり事業実施園における預かり保育料補助金の御案内

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局子育て推進部 幼児教育担当

電話:044-200-3179