スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

都市計画道路登戸2号線沿道まちづくりについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月14日

コンテンツ番号128201

登戸2号線『道路空間利活用』体験会を実施します

 登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区では、土地区画整理事業によるまちづくりを進めてきましたが、事業も終盤を迎え、地域の魅力向上のためのまちづくりを推進する段階となっています。

 新たに整備される、登戸駅と向ヶ丘遊園駅をつなぐ都市計画道路登戸2号線においては、沿道権利者とともに勉強会を開催し、令和3年4月に2号線の将来像を示す「まちづくりコンセプトブック」をとりまとめました。『多彩な人々を引き寄せ、人々が楽しみ、憩う通り』というコンセプトの実現に向け、勉強会では、道路空間の使い方として、歩道の一部を憩いや交流の場として活用し、通りとしての一体的な賑わいを創ることを検討しています。

 この度、さまざまな憩い空間を活用例として演出し、どのような道路構成、どのような使い方であれば魅力的なまちになるのか、地域の方やまちに訪れる方々に御意見をうかがうため、体験会を実施します。


登戸2号線『道路空間利活用』体験会について

関連記事

登戸2号線沿道まちづくりコンセプトブックについて

 登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区では、現在、「土地区画整理事業」(登戸地区:施行者 川崎市)によるまちづくりを進めています。

 この度、新たに整備される、登戸駅と向ヶ丘遊園駅をつなぐ都市計画道路登戸2号線において、沿道権利者とともに勉強会を開催し、目指すまちの将来像を「まちづくりコンセプトブック」としてとりまとめました。

 登戸のまちを『心地よく、魅力的なまちにしたい』という思いから、2号線沿道のまちを共につくり、育てることとし、今後、本コンセプトブックを活用しながら、商業者、居住者、来街者といった「なかま」を集め、コンセプトに沿ったまちづくりの取組を協働で進めていきます。


登戸2号線沿道まちづくり コンセプトブック

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局登戸区画整理事務所

〒214-0014 川崎市多摩区登戸2202番地1

電話:044-933-8511

ファクス:044-934-3881

メールアドレス:50nobori@city.kawasaki.jp