スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎フロンターレ選手による市議会クイズ動画の目や耳の不自由な方へのテキスト情報

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月1日

コンテンツ番号91856

川崎フロンターレ選手による市議会クイズ動画の目や耳の不自由な方へのテキスト情報

川崎フロンターレ選手による市議会クイズ動画の内容をテキスト情報として掲載します。

内容

川崎フロンターレ選手の練習風景を背景に「川崎市議会クイズ」の文字が現れる。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、自己紹介をします。
「夏休みこども議場見学会に来ているみんな。こんにちは。川崎フロンターレの中村憲剛です。」「小林悠です。」「登里享平です。」

中村憲剛選手が現れる。
「今日はみんなが川崎市議会を見学したり、DVDを見て市議会のしくみを学んでいるということを聞きました。そこで、もっと市議会のことを知ってもらうために、僕たちが今からクイズを出そうと思います。」

小林悠選手が現れる。
「問題は全部で5問。簡単な問題もあれば、ちょっと難しい問題もあるよ。」

登里享平選手が現れる。
「みんなは全問分かるかな。問題を解いて、市議会のことをもっと知ろう!」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、一緒に話します。
「それでは第1問」

中村憲剛選手が話します。
「市議会議員を選ぶことができるのは何歳からかな?」

小林悠選手が話します。
「1番、18歳」

中村憲剛選手が話します。
「2番、20歳」

登里享平選手が話します。
「3番、25歳」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が一緒に話します。
「さあ、みんなで考えよう。」

練習風景の映像に5秒のカウントダウンが表示されます。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、中村憲剛選手が話します。
「みんな、答えは分かったかな?正解は」

小林悠選手が現れます。
「1番の、18歳です!ちなみに、川崎フロンターレのマスコットキャラクター『ふろん太』も18歳だよ。」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、一緒に話します。
「続いて第2問」

中村憲剛選手が話します。
「川崎市議会議員になることができるのは何歳からかな?」

小林悠選手が話します。
「1番、18歳」

中村憲剛選手が話します。
「2番、20歳」

登里享平選手が話します。
「3番、25歳」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が一緒に話します。
「さあ、みんなで考えよう。」

練習風景の映像に5秒のカウントダウンが表示されます。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、中村憲剛選手が話します。
「みんな、答えは分かったかな?正解は」

登里享平選手が現れます。
「3番の、25歳です!25歳になったとき、君たちの中から立候補している人がいるかもしれないね。」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、一緒に話します。
「続いて第3問」

中村憲剛選手が話します。
 「君たちの座っている席は何席かな?」

小林悠選手が話します。
「1番、傍聴席」

中村憲剛選手が話します。
「2番、議員席」

登里享平選手が話します。
「3番、記者席」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が一緒に話します。
「さあ、みんなで考えよう。」

練習風景の映像に5秒のカウントダウンが表示されます。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、中村憲剛選手が話します。
「みんな、答えは分かったかな?正解は」

中村憲剛選手が現れます。
「2番の、議員席です!いつも議員が座っている席だね。」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、一緒に話します。
「続いて第4問」

中村憲剛選手が話します。
 「本会議場の床から天井までの高さは何メートルかな?」

小林悠選手が話します。
「1番、5メートル」

中村憲剛選手が話します。
「2番、7.75メートル」

登里享平選手が話します。
「3番、10メートル」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が一緒に話します。
「さあ、みんなで考えよう。」

練習風景の映像に5秒のカウントダウンが表示されます。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、中村憲剛選手が話します。
「みんな、答えは分かったかな?正解は」

小林悠選手が現れます。
「2番の、7.75メートルです!サッカーゴールを縦にしたら同じくらいの高さだね!」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、一緒に話します。
「ではいよいよ最後の問題です!」

中村憲剛選手が話します。
「僕は前に、この議会かわさきのインタビューを受けて、川崎市議会について勉強しました。それは第何号に掲載されているかな?」

小林悠選手が話します。
「1番、100号」

中村憲剛選手が話します。
「2番、112号」

登里享平選手が話します。
「3番、200号」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が一緒に話します。
「さあ、みんなで考えよう。」

練習風景の映像に5秒のカウントダウンが表示されます。

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、中村憲剛選手が話します。
「みんな、答えは分かったかな?ちょっと難しかったかな。正解は」

中村憲剛選手が現れます。
「2番の、112号です!」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が現れ、小林悠選手が話します。
「みんな、何問正解できたかな?」

登里享平選手が話します。
「これで君たちも市議会博士だね。」

中村憲剛選手が話します。
「次は、議長・副議長への質問タイムだよ!いろんな質問をしてみよう!」

小林悠選手、中村憲剛選手、登里享平選手が手を振って一緒に話します。
「次は、スタジアムで会おうねー!」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 議会局総務部

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3377

ファクス:044-200-3953

メールアドレス:98kouhou@city.kawasaki.jp