スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

体験型農園の説明

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月12日

コンテンツ番号18223

体験型農園とは

 体験型農園は、農園開設者(農家)が自らの農業経営の一環として開設し、利用者に作付けから収穫までの農作業を指導する農園です。利用者は、農家の指導に従って、農作業を体験します。

市民農園との違い

 市民農園は、一定の要件のもと、利用者が農園開設者(川崎市や農家など)から農園区画を借り、区画ごとに自由に農作業を楽しむ農園です。体験型農園との違いは、次の表のとおりです。

表.市民農園と体験型農園の違い
市民農園体験型農園
利用内容利用者は、一定の要件のもと、農園開設者(川崎市や農家など)から農園区画を借り、自ら計画して、自由に農作業を行います。利用者は、農園開設者(農家)の指導を受けながら、共同で農作業(植付け、収穫など)を体験します。
農地の貸借利用者は、開設者から農園区画を借り受けます。農地の貸し借りは伴いません。
料金利用者は、開設者へ農園区画の賃借料を支払います。利用者は、開設者へ農園の利用料(入園料+指導料+収穫物代金)を支払います。
収穫物収穫物は利用者に帰属します。収穫物は開設者に帰属します。
利用者は、開設者へ収穫物代金を支払い(農園の利用料に含まれます。)、収穫物を買い取ります。
特徴利用者は、一定の要件のもと、自由に作付けすることができます。

農家から栽培指導を直接受けられるので、初心者でも、安心して作物を収穫することができます。

種苗や肥料などは、基本的に、開設者が用意します。

体験型農園の一覧

 市内の体験型農園は、次のとおりです。
 なお、活動曜日は、作業内容や天候等により変更されることがあります。

市内の体験型農園一覧
農園名所在地活動曜日栽培品目
カルナファーム麻生区岡上金曜日

野菜

果樹

蔵邸農園麻生区岡上土曜日
(不定期)
果樹
やまだ農園宮前区平水曜日

野菜

井上農園宮前区東有馬火曜日野菜
あぐりっこ農園宮前平宮前区馬絹土曜日

野菜

三平果樹園多摩区登戸月曜日

果樹

野菜

石塚農園麻生区高石火曜日

野菜

伊藤農園麻生区早野土曜日

野菜

水稲

さむはら農園麻生区古沢

日曜日

野菜

水稲

タイガーファーム麻生区黒川

火曜日

土曜日

野菜

ジョイファーム麻生区下麻生火曜日

果樹

野菜

体験型農園への問い合わせ

 各体験型農園へのお問い合わせをご希望される場合は、一度担当課の経済労働局都市農業振興センター農業振興課宛て(044-860-2462)にご連絡をお願いいたします。

 園主の方に確認後、各体験型農園の連絡先をお伝えさえていただきます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業振興課

〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7

電話:044-860-2462

ファクス:044-860-2464

メールアドレス:28nogyo@city.kawasaki.jp