スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年2月20日

住居表示実施前後での住所と本籍の表示はどうなるのかを知りたい。

No.12506

回答

住居表示実施前は、土地の地番を住所に使用しますが、
住居表示実施後は、住所と本籍の表示は、次の例のとおり、別となります。
(例)
住所の表し方
(旧)川崎市 中原区 木月 123番地4
(新)川崎市 中原区 木月1丁目  23番    4号
              (新町名) (街区符号) (住居番号)
   
本籍の表し方(土地の番号を使用します。)
(住所の表し方とは違いますので、御注意ください。) 
(旧)川崎市 中原区 木月 123番地4
(新)川崎市 中原区 木月1丁目 123番地4  
               (新町名)
※住居表示実施に伴い、町の名称に変更がない場合は、従来どおりの本籍で表示します。

転籍届により街区符号を用いて本籍を表示することができます。
(例)川崎市 中原区 木月1丁目  23番
               (新町名) (街区符号)
なお、○号というのは、建物の番号なので、本籍には表示されません。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。