スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

浸水実績図について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年7月17日

 近年の気候変動の影響等により集中豪雨や台風等による災害が全国各地で多発しており、市民の水害に対する関心は非常に高まっています。
 この現状を踏まえ本市では、行政が行うべきソフト面での対策として、平成16年度に多摩川と鶴見川の外水氾濫(河川の氾濫)を想定した「洪水ハザードマップ」を作成し、市民に提供いたしておりますが、内水氾濫による浸水被害については、毎年度発行する災害概要に浸水箇所の町名のみの公開になっています。
 この度、洪水ハザードマップのように浸水に関する情報を視覚的に表示し、市民意識の高揚や住宅等を建築する際の参考資料として活用していただくために、この「浸水実績図」を作成しました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局危機管理室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2890

ファクス:044-200-3972

メールアドレス:17kiki@city.kawasaki.jp