スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ヘルパンギーナ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年7月17日

コンテンツ番号5969

一般に夏に流行することが多く、夏かぜの1つです。エンテロウイルスことにコクサッキーウイルスA群が原因です。

潜伏期は3~5日。

かかりやすい年齢

患者の年齢は1歳台が最も多く、4歳以下がほとんどです。

症状

  • 急に38℃~39℃の高熱が出て、2~3日続く。
  • のどの発疹

発熱と同時に口の中,とくに、のどの入り口のあたりに白い小さなプツプツが現れ、水疱になります。発疹は数個のときから、多いときには10数個にもなることがありますが、体などには現れません。

気をつけたいこと

口の中が痛くて,食事がとれないこともあります。食べ物を工夫し、脱水症状を起こさないように水分は十分に与えましょう。

ウイルスは、のどの分泌物の他、便の中にも含まれます。便の中には、症状が回復した後も長期(2~4週間)ウイルスが排出され、便のついた手やおもちゃから口に入って感染することがありますので、排便後の手洗いやオムツの取り扱いには気をつけましょう。

口の中の発疹の様子

口の中の発疹

熱・発疹のでかたのグラフ

熱・発疹のでかた

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 健康危機管理担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp