現在位置:

精神保健指定医の新規申請・指定医証の変更等について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年6月13日

精神保健指定医の新規申請について

住所地が川崎市内であり、精神保健指定医の指定申請を新規に行う方は、以下の書類(写真を含む。)を、当課まで送付または持参してください。

提出書類

  • 申請にあたり、「精神保健指定医の新規申請に係る事務取扱要領について」が平成27年4月1日付で一部改正されておりますので、必ずご確認ください。
  • 申請様式については、下記のリンクよりダウンロードができます。
  • 本文中の法については、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)」をいいます。

(1)精神保健指定医指定申請書(様式1-1)

(2)履歴書

  • 様式は任意。写真添付不要。大学卒業以降の全ての学歴・職歴を記入。

(3)医師免許証の写し

(4)実務経験証明書(様式2-1,2-2)

  • 5年以上診断または治療に従事し、かつ3年以上の精神科従事期間の証明です
  • 医籍登録年月日が月の初日(1日)でない場合には、施設等に従事した期間が月の初日(1日)であっても、当該月を算入できませんのでご注意ください。医籍登録年月日の翌月以降の実務経験証明書を提出ください。
    (例)医籍登録日が平成27年5月10日の場合、実務経験は平成27年6月1日からとなります。

(5)精神科実務経験告示に定める程度の診断又は治療に従事した経験を有することを証するケースレポート(様式3-1、3-2)

  • 8症例、各症例5通(原本1通+写し4通)を提出してください。
  • なお、「申請者の氏名」及び「指導医署名」は、原本1通のみ手書きで自署し、写し4通については複写で提出してください。また、1通ごとに左上をホチキスで留めてください。

(6)法第18条第1項第4号又は第19条第1項に規定する研修の課程を修了したことを証する書面の写し

  • なお、婚姻等で氏名が変更された場合は、氏名変更をしたことを証明する書類(戸籍抄本等)の写しも提出してください。

(7)写真

  • 縦50ミリメートル、横40ミリメートル(余白は含みません)
  • 申請6か月以内に上半身脱帽、背景無地で撮影。
  • 写真の裏面に撮影年月日及び氏名を記載。

(8)常時勤務証明書(様式4)

  • 指導医がケースレポートを指導していた医療機関において常時勤務していたことについての施設管理者による証明書です。
  • ケースレポートに関わったすべての指導医ごとに提出してください。

提出期限 

  • 前期 平成29年6月30日まで(必着)
  • 後期 平成29年12月28日まで(必着)

 

指定医証の更新、記載事項の変更、再交付等

申請にあたり、「精神保健指定医の証の更新等に係る事務取扱要領について」が平成27年4月1日付で一部改正されておりますので、必ずご確認ください。

精神保健指定医証の更新

 更新申請手続は、更新研修にて行われますので、詳細につきましては研修実施団体へご確認ください。

研修受講の延期及び指定医証の有効期限延長の申請

 5年度ごとの研修を受けるべき年度において、やむを得ない理由により、当該年度に実施されるいずれかの研修も受講することができない見込みとなったとき、又は、現にいずれの研修も受けることができなかったときは、有効期限延長申請書(別紙様式2)及び写真(縦50ミリメートル、横40ミリメートル、余白無し、申請6か月以内に撮影、上半身脱帽、背景無地、裏面に撮影年月日及び氏名を記載)を、当課まで送付又は持参してください。

 なお、「やむを得ない理由」については、法施行規則第4条により、「研修を受けるべき年度において実施されるいずれの研修をも受けることができないことにつき、災害、傷病、長期の海外渡航その他の事由があること」とされています。

住所地の変更

 住所地が川崎市へ変更となったときは、速やかに住所変更届(別紙様式3-2)を、当課まで送付又は持参してください。

勤務先の変更

 指定医証に記載された勤務先に変更があったときには、速やかに指定医証の記載事項変更申請書(別紙様式3-1)により指定医証を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

氏名の変更

 氏名の変更があったときは、速やかに指定医の証の記載事項変更申請書(別紙様式3-1)により、指定医証及び写真(縦50ミリメートル、横40ミリメートル、余白無し、申請6か月以内に撮影、上半身脱帽、背景無地、裏面に撮影年月日及び氏名を記載)を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

指定医証の再交付

 指定医証を紛失又はき損したときは、速やかに別紙様式5により以下の書類を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

  • 紛失したとき
     始末書(任意様式)及び写真(縦50ミリメートル、横40ミリメートル、余白無し、申請6か月以内に撮影、上半身脱帽、背景無地、裏面に撮影年月日及び氏名を記載)
  • 棄損したとき
     指定医証及び写真(縦50ミリメートル、横40ミリメートル、余白無し、申請6か月以内に撮影、上半身脱帽、背景無地、裏面に撮影年月日及び氏名を記載)

指定医の辞退

 指定医の職務を行うことが将来にわたってなくなった場合又は指定医の職務を全うすることができなくなった場合等、指定医を辞退するときは、辞退届(別紙様式6)により指定医証を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

指定医の死亡届

 指定医が死亡したときは、指定医の遺族等は、速やかに死亡届(別紙様式7)により指定医証を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

指定医証の返納(指定の取消し又は職務の停止)

 指定医の指定を取り消されたとき又は一定期間その職務の停止を命ぜられた場合は、指定医証の返納が必要となりますので、指定医証返納届(別紙様式8)により指定医証を添付のうえ、当課まで送付又は持参してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部精神保健課 医療施策担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2683

ファクス:044-200-3932

メールアドレス:40seisin@city.kawasaki.jp