スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

トンネル部築造工事

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月9日

五反田川放水路のトンネルは、シールド工法と呼ばれる方法によって、地盤を掘っていきます。ここでは、トンネル工事風景やシールドマシンによるトンネルの掘進状況についてご紹介します。

シールド工法とは・・・?

シールドマシンと呼ばれる茶筒を横に倒したような形の機械で土の中をゆっくりと掘り進めていくことにより、トンネルをつくっていく方法です。

マシンの前面にある刃で土砂を削りとりながら、掘った部分が崩れてこないようにマシン内部でセグメント(トンネルの外壁となるブロック)を組み立てていきます。

シールドマシンのイラスト
シールドマシンの写真
シールドマシンの写真

 

この五反田川放水路で使用するシールドマシンは、直径9.5m長さ9.7m重さ780tもあります。

ちなみに、これは16両編成の新幹線(乗客なし)よりも重いものになっています。

どこを掘るの?

 トンネルは、生田8丁目(東生田小学校の隣)から掘り始め、登戸新町(登戸駅から北西約400m)まで、延長約2km掘ります。

ルート図
断面図

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局道路河川整備部北部都市基盤整備事務所

〒215-0026 川崎市麻生区古沢120

電話:044-955-1200

ファクス:044-955-1173

メールアドレス:53hokuki@city.kawasaki.jp