生ごみ減量化・リサイクル関連のイベント

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年2月25日

 食材の「使いきり」、食事の「食べきり」、生ごみの「水きり」、この「3きり」の実践で台所から出る生ごみを減らすことができます。また、生ごみは堆肥にリサイクルすることができます。

 イベントや展示などで生ごみの減量化・リサイクルの方法をご紹介します。


身近なリサイクル 生ごみで作物栽培 ~明治大学・川崎市連携事業に関する報告会~

 川崎市では、リサイクルによるごみの減量と資源循環を推進していくために、生ごみが資源として有効活用される取組を進めています。
 その一つとして、平成25年2月に明治大学黒川農場と連携協定を結び、資源循環、生ごみ堆肥の信頼性向上等を目的に「生ごみリサイクルに係る連携事業」を推進してきました。
 この事業では、4年間、毎年10名の市民モニターがダンボールコンポストという手法で作った生ごみ堆肥について、成分分析と栽培実証試験を行ってきました。
 この度、それらの研究結果が出ましたので、報告会を開催します。

明治大学黒川農場と川崎市環境局の連携図

日時

平成30年3月17日土曜日 午後2時から午後4時まで(受付午後1時45分から)

会場

明治大学黒川農場外部サイトへリンクします  本館2階 講義室 (麻生区黒川2026-1)

講師

藤原 俊六郎 氏(明治大学黒川農場 特任教授)

  • 農学博士・技術士。1970年島根大学卒業、神奈川県農業技術センター、明治大学農学部客員教授を経て、2011年より明治大学特任教授。

定員

75名(どなたでもご参加ください。事前申込み・先着順)

参加料

無料

アクセス

小田急多摩線黒川駅南口から徒歩25分(バスはありませんが、会場までは気持ちの良い田園風景の中を歩けます。)

お申込み

  • 次の申込フォーム又は電話・ファックスからお申込みください。
  • お申込みの際は、氏名、住所(区名まで)、電話番号、メールアドレス(あれば)、車でのお越しの場合は、車種、車の色、ナンバーをお教えください。

     申込フォームはこちら

     電話 044-200-2605

     ファックス 044-200-3923

その他

  • なるべく公共交通機関でお越しください。(駐車場には限りがあります。)
  • 車でお越しになる場合は、車種、車の色、ナンバーをお知らせください。
  • 筆記用具はご持参ください。
  • 定員に達した時以外はご返信しませんので、そのままご参加ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp