第6回かわさき生ごみリサイクル交流会~生ごみリサイクルで元気野菜作りと元気人間作り~

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年12月1日

生ごみリサイクルの推進のために、「かわさき生ごみリサイクル交流会」を年1回開催しています。

今回は生ごみリサイクルと農業について、講演やパネルディスカッションを行います。どなたでもご参加できますので、どうぞお越しください。

開催概要

日時

平成30年1月27日(土)午後1時から午後4時まで(受付午後0時30分開始)

 

会場

宮前市民館 大会議室(地下1階)

会場案内図

宮前平駅の改札から北口に出て、富士見坂を登ります。富士見台小学校を過ぎると下り坂になります。宮前警察署の先、右手に進むと市民館があります。会場へは公共交通機関をご利用ください。
東急田園都市線 宮前平駅から徒歩8分。

 宮前平駅の改札から北口に出て、富士見坂を登ります。富士見台小学校を過ぎると下り坂になります。

 宮前警察署の先、右手に進むと市民館があります。会場へは公共交通機関をご利用ください。

【主な経路】

  • 東急田園都市線「宮前平駅」から東急バス、川崎市バス乗車「宮前区役所前」下車
  • 東急田園都市線「溝の口駅」から東急バス、川崎市バス乗車「宮前区役所前」下車

 

内容

第1部 講演「生ごみリサイクルで元気野菜作りと元気人間作り」

  • 講師:吉田俊道氏(NPO法人大地といのちの会理事長)

  大地といのちの会は、1999年に“ながさき県北『地球村』”として発足。美しい地球を子どもたちに残すため、いのちや未来を大切に考える活動を拡げ、代表吉田俊道さんは、生ごみを発酵させ堆肥にして農薬のいらない元気野菜作りと食育の普及活動について、全国を精力的に回り講演されています。

吉田俊道氏(NPO法人大地といのちの会理事長)

吉田俊道氏(NPO法人大地といのちの会理事長)

報告 「生ごみ減量化・リサイクル推進事業の取組」

  • 川崎市環境局生活環境部減量推進課

第2部 若手農家によるパネルディスカッション~農業への夢と生ごみリサイクルを語る~

 【パネリスト】

【コーディネーター】

【内容】

  川崎市内の若手農家とその野菜で料理を提供するシェフを迎えてのパネルディスカッション。 今、急速に都市化の進む川崎市で農業とどう向き合っているのか、将来の夢も語ってもらいます。 また、生ごみリサイクルをどう活用するのか、農家と地域による循環型社会づくりについて探っていきます。

申込み

参加の方は事前申込みをお願いいたします(先着順100名)(平成29年12月15日受付開始)。

次の情報を添えて、お申込みフォームまたはファックス郵送、から申込みをお願いします。

  • 氏名
  • お住まい(区名まで)
  • 電話番号
  • 所属名(市民活動団体などに所属している場合は記載をお願いします。)

参加費は無料です。

持ち物など

当日は生ごみ堆肥で栽培した川崎産ハーブティと、クッキーをお楽しみいただけます。(協力:社会福祉法人はぐるまの会外部サイトへリンクします

マイカップの持参をお願いいたします。

また、明治大学黒川農場で成分分析した「生ごみリサイクル実践市民モニターの生ごみ堆肥」を配布する予定です。

これまでの生ごみリサイクル交流会

かわさき生ごみリサイクル交流会実行委員会について

市内で生ごみリサイクルに取り組む団体と川崎市生ごみリサイクルリーダー、川崎市環境局が協働して実行委員会を組織しています。実行委員の所属団体等は次のとおりです。(事務局:環境局減量推進課)

かわさき生ごみリサイクルの会

新あさお生きごみ隊

近藤ルートの会

野菜だいすきファーム

麻生・ごみゼロをめざす会

エコグリーンクラブ

久地フレッシュグリーンクラブ

社会福祉法人はぐるまの会

環境を考え行動する会

幸・循環型社会を考える会

川崎市地域女性連絡協議会

川崎市生ごみリサイクルリーダー

問い合わせ先

事務局:川崎市環境局生活環境部 減量推進課

電話 044-200-2605

ファクス 044-200-3923


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp