スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

市へ提出する申請書等への押印を原則廃止します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月9日

コンテンツ番号126888

目的

本市では、市民の皆様の申請等の手続において、利便性向上や負担軽減を図るとともに、行政手続等のオンライン化を推進するため、令和3年4月1日から、市へ提出する申請書等への押印を原則廃止します。

押印の廃止について

本市では、「川崎市申請書等の押印見直しに関する方針」を策定し、押印を求めている申請書等について見直しを行いました。令和3年4月1日から、国の法令等の定めによるもの等を除き、原則として申請書等への押印を廃止し、原則記名のみといたします。

■押印を廃止する申請書等:3,928件

■引き続き押印廃止を検討する申請書等:580件

※押印を廃止する申請書等のうち、一部のものについては署名が必要なものがあります。

引き続き押印廃止を検討する申請書等について

国、県の法令・条例等で押印が義務付けられているものや、契約書、入札書、請求書等については現時点では廃止対象外ですが、国の対応等に合わせ、引き続き廃止を検討していきます。

その他

押印を廃止する申請書等について、既に配布されている様式に押印欄があるものについては、押印せずにそのまま提出することができます。

個別の様式や手続については、各所管課にお問合せください。

川崎市申請書等の押印見直しに関する方針

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

総務企画局デジタル化推進室
電話:044-200-1826
FAX:044-200-0622
メールアドレス:17digital@city.kawasaki.jp