スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

台風第19号により住宅が滅失又は損壊した住宅の敷地に対する被災住宅用地特例について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月20日

コンテンツ番号113125

令和元年台風第19号により被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。

台風第19号により住宅が滅失又は損壊した場合で、やむを得ない事情により住宅用地として使用できないものと認められる土地は、災害の発生後2年度分を限度として住宅用地の特例が適用されます。

手続き方法

土地の所在する区を担当する市税事務所資産税課土地係・市税分室資産税土地担当まで御連絡いただき、要件等を御確認ください。

なお、当該特例の適用を受ける場合は「固定資産税被災住宅用地申告書」を御提出ください。

固定資産税被災住宅用地申告書のダウンロード

提出期限

被災した翌年又は翌々年の1月31日まで
(令和2年1月31日又は令和3年1月31日まで)

お問合せ先

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。