スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

アメフットのフィールド

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年3月28日

コンテンツ番号16502

アメフットのフィールド

フィールドのサイズはサッカーと同じくらい

フィールドのサイズは、ゴールライン間が100ヤード(約91m)、サイドライン間が53ヤード1フィート(約49m)。サッカーが120ヤード×80ヤード(国際規格)なので、ちょうどサッカーのフィールドをひとまわり小さく、かつ細長くしたようなサイズとなっているんだよ。

エンドゾーンにボールを持って入ればタッチダウン!

フィールドの両端には「エンドゾーン」と呼ばれるエリアがある。ここに攻撃の選手がボールを持って走りこ込むか、このエリアの中で味方のパスをキャッチすれば「タッチダウン」になり、得点が入る。

川崎球場はアメフットの聖地

平成13年に改修工事を終えた川崎球場は、野球はもちろん、フットサル、アメフットのゲームを開催するスタジアムへと生まれ変わった。平成19年には「第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007川崎大会」を開催するなど、いまやアメフットの聖地なんだよ。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民スポーツ室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2257

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:25sports@city.kawasaki.jp