スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

(2)ホームチームの地域密着化

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年3月28日

コンテンツ番号16536

丸子・小杉桜まつりで地域の人たちと触れ合うチアリーダー

 アメリカンフットボールの試合開催を、地域商業・経済の活性化につなげていく取組を推進していきます。
また、市内を拠点に活動しているアメリカンフットボールチームと連携した取組により、アメリカンフットボールを介した地域コミュニティの活性化を進めます。

(2)ホームチームの地域密着化

中原区民祭アメフット体験コーナー

中原区民祭でのアメフット体験コーナー

 川崎市内に拠点を置くチームが地域に溶け込み、地元から応援されるチームになるような取組を促進します。

目指す将来像

 川崎を拠点とするチームがさまざまな地域貢献活動に継続的に参加するなど、地域に密着し、地域に親しまれるチームになっています。
 また、ホームゲーム開催時に地域住民が楽しめる多彩なイベントが、地域住民によって併催されるなど、相互が連携した取組が行われています。

これまでの取組

地域密着を図る川崎のチーム

 川崎市内に拠点をおき、川崎市のホームタウンスポーツ推進パートナーでもある富士通フロンティアーズ外部サイトへリンクしますは、多摩川の美化活動などにもユニフォーム姿で参加し、平成22年9月からは市内の小学校を訪問し、ユニホーム姿の選手達が小学生にアメリカンフットボールとフラッグフットボールの指導を行うふれあいスポーツ教室を開催しています。
 また、川崎球場を練習拠点にしているアサヒビールシルバースター外部サイトへリンクしますも、米軍等との交流試合や市民まつりにあわせて、アメリカンフットボールの体験教室などを開催しています。
 さらに、Xリーグのチアリーダーが、区民祭や市内で開催される地域イベントをはじめ、川崎駅での共同募金活動にも継続的に参加しています。
 学生では、法政大学トマホークス外部サイトへリンクしますが、地元である武蔵小杉駅周辺の清掃活動などにも取組んでおり、専修大学グリーンマシーン外部サイトへリンクしますも、毎年地域の子どもたちを対象としたアメリカンフットボール体験教室などを開催しています。

多摩川清掃活動に参加する選手

ユニフォーム姿で多摩川清掃活動に参加する富士通フロンティアーズの選手

チアリーダーが募金に参加

川崎駅での募金活動に参加するXリーグのチアリーダー

小学生のタックルを受ける選手

イベントで小学生のタックルを受ける選手

ふれあいスポーツ教室

小学校でふれあいスポーツ教室開催

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民スポーツ室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2257

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:25sports@city.kawasaki.jp