スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

内径500mm水道用鋼管(ないけい500mmすいどうようこうかん)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号6360

社会>土木・建築>土木

所在地

川崎市多摩区三田5‐1‐1 長沢浄水場

所有者

川崎市(上下水道局)

内径500mm水道用鋼管

内径500mm水道用鋼管

正式名称は「P継手鋼管(プッシュ式高速埋設継手)」と言います。開発は日本鋼管(株)で、溶接作業がなく受口に挿口を挿し込むだけで施工できるため、天候に左右されずに施工でき、また、溶接熱による焼損がないため工場で施した塗装のまま使用できる利点があります。水道局では、昭和54年(1979)に口径500mmを採用しました。この鋼管は平成7年7月(1995)、16年ぶりに水道工事で掘り出され、撤去されたものです。

一般公開 無

お問い合わせ先

川崎市上下水道局 長沢浄水場浄水課

電話:044‐911‐2022

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp