スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

環境保全型農業の中心的な取り組み

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年7月5日

コンテンツ番号35109

目標を達成する為の取り組みとして次のことを実施しています。

  • 化学合成農薬・化学肥料の使用の低減に関する取り組み
    ・耕種的防除法の推進
    ・減農薬による栽培体系の確立
    ・土壌分析の実施とその結果による肥培管理の適正化の推進
    ・有用植物の活用の推進
  • 省エネルギー・省資源化の推進に関する取り組み
    ・施設栽培における適切な温度管理、保温資材等の有効活用等、省エネルギー・省資源化を推進
    ・農業機械の使用にあたって、点検整備や補修の励行
  • 有機質資源の有効利用に関する取り組み
    ・家畜排泄物や剪定枝等の堆肥化等の推進
  • 農業用廃プラスチック等の適正処理に関する取り組み
    ・適正処理の指導
  • 生産情報の記録に関する取り組み
    ・生産活動の点検・確認のため、肥料・農薬の使用状況等の記録の推進

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp