スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

「川崎市消費生活サポーター制度」について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月1日

コンテンツ番号96723

消費生活サポーターとは・・

 川崎市消費者行政センターでは、地域と消費者行政センターの橋渡し役となっていただく、「消費生活サポーター制度」を実施しています。

 「消費生活サポーター」は、ご自身のライフスタイルや知識・経験に合わせ、可能な範囲で、地域での消費者トラブルの見守りや消費生活知識の普及の担い手として、ボランティアでの活動をしていただいています。

 主に、お住いの地域で次の3つの活動をボランティアとして活動いただいています。

 また、毎年1回、「消費生活サポーター」として、御登録いただくための養成講座を実施しています。(公的資格を付与するものではありません。)

 募集の際は、是非、お申し込みください。

1 伝える

  • 地域の団体でセンターが実施している「くらしのセミナー」(無料講師派遣)を利用する。
  • 地域の会合等の機会で、消費者トラブル等の話題を取り上げる。 など

2 つなぐ

  •  一人暮らしの高齢者等への「声かけ」や「見守り」をする。
  • 身近な方との会話の中で、消費者トラブルの話を聞いたら、センターの窓口を紹介し相談するよう勧める。 など

3 学ぶ

  •  啓発冊子や出前講座等で消費者問題等についての知識を学ぶ。
  • センターで開催する講座・イベントに参加する。 など

消費生活サポーターになっていただくと・・

  • サポーター登録証とサポーター手帳をお渡しします。
  • さまざまな消費生活情報を掲載した「くらしの情報かわさき」を定期的に送付させていただきます。
  • 多くの知識を学べるセンター主催の講座を御案内します。  など

   (報酬等のお支払いはございません) 

消費生活サポーター登録証
消費生活サポーター手帳

消費生活サポーターフォローアップ講座

 「消費生活サポーター」に御登録いただいたの皆様を対象とした、「消費生活サポーターフォローアップ講座」も実施しています。

 最新の消費生活トラブル事例についての講演や消費生活サポーター同士での活動報告やワークショップなどを実施しています。

 実施の御案内は、消費生活サポーターの皆様に個別に連絡させていただいております。御連絡があった際は、是非、御参加ください。

消費生活サポーターになるためには・・

  1. 市内在住・在勤・在学の18歳以上(当年度3月末現在)の方
  2. 登録しようとする前年度若しくは当年度にサポーター講座を修了した方

   (講座については、実施時にHP等でお知らせいたします)

消費生活サポーター活動でのお願い

1 「活動報告書」について

 活動の状況について、毎年度4月末(活動修了年度の翌年度4月も含む)までに「活動報告書」のご提出をお願いいたします。(ただし、10月1日以後に登録した場合は翌年度4月の提出は不要です。)

2 「変更届」・「辞退届」等について

 住所等登録時の情報に変更があった場合は、「変更届」を提出ください。

 市外に転居・転勤等により市内在住・在勤・在学要件に該当しなくなった場合やサポーター活動が困難となった場合等解職の事由に該当する際には、「辞退届」の提出と「登録証」の返還をお願いいたします。

3 その他

  • サポーターの任期終了後も含めて、活動内容についての守秘義務があります。(消費者行政センターにも守秘義務があるので安心してご相談ください。)
  • 事業者等に代理で交渉しないでください。(消費者行政センターに相談してください。)
  • サポーターには、調査権限や検査権限はないので、事業者の営業妨害等のおそれがある行為はしないでください。
  • 特定の商品・サービスの宣伝、団体への勧誘など、要綱に記載のされる活動とは無関係なことはしないでください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp