スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

産業道路クリーンライン化の取組

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年11月20日

コンテンツ番号55992

令和2年度 産業道路クリーンライン化キャンペーンについて

~ひとりひとりの行動が、産業道路をクリーンにできる~

川崎市の臨海部では、産業道路沿道にある池上自動車排出ガス測定局において、大気中の二酸化窒素(NO2)濃度が、2015年度以降5年連続で環境基準を達成しました。今後とも環境基準を継続的・安定的に達成していくため、2020年度も川崎市及び「かわさき自動車環境対策推進協議会」では、産業道路クリーンライン化の取組を実施し、道路沿道の大気環境のさらなる改善をめざします。

産業道路を利用するみなさまも、「産業道路クリーンライン化キャンペーン」に参加し、環境にやさしい行動をはじめてみませんか!なお、2020年11月20日までにキャンペーンにエントリーいただいた事業所には、企業のロゴマーク等をポスターに掲出できる特典を用意しています(希望者のみ)。ポスターは市内(川崎区)の路線バス(約200台)等に掲出する予定です。

御社のPRに是非ご活用ください!

 

【 自動車利用に対する取組 】

  1. できる限り、低公害車を利用する。
  2. 産業道路では、特にエコドライブを徹底する。
  3. 産業道路を迂回できる場合は、他の道路を利用する。
  4. 業務車利用やマイカー通勤の抑制に努める(公共交通機関を利用するなど)。
  5. 従業員等へのエコドライブ教育を行う。

【 出入車両に対する取組 】

 ・ 運送委託先等に対して、低公害車の優先配車やエコドライブの実施を依頼する。

募集リーフレット   

「産業道路クリーンライン化キャンペーンに参加してみませんか?」(2020年度版)(PDF形式,1.43MB)

エントリーシート 

「2020年度産業道路クリーンライン化キャンペーン エントリーシート」(DOC形式,51.50KB)

詳しくは、リーフレットをご確認の上、上記のエントリーシートに記入して、ファクシミリまたはメールにてお送りください。

令和元年度産業道路クリーンライン化キャンペーン エントリー事業所一覧

エントリー事業所数:18事業所

令和元年度産業道路クリーンライン化キャンペーンにエントリーいただいた事業所及び取組項目は下表のとおりです(公表に同意いただいた事業所のみ、掲載しています)。

エントリー事業所一覧
事業所名(エントリー順)取組項目 
株式会社エコプロ1-(1)、1-(2)、1-(4)、3-(2)、3-(3)
川崎運送株式会社中央営業所1-(2)、2-(1)、3-(2)
アーバントラスト有限会社1-(1)、1-(2)、1-(3)、1-(4)、2-(1)、2-(2)、3-(1)、3-(2)、3-(3)
有限会社赤羽商店1-(2)、3-(2)
千鳥造園工事株式会社3-(1)、3-(2)、3-(3)
日本コンテナ輸送株式会社1-(3)
東洋埠頭株式会社東扇島支店2-(1)、2-(2)、3-(1)、3-(2)、3-(3)
株式会社キタジマ1-(1)、1-(2)、1-(3)、1-(4)、2-(1)、3-(1)、3-(2)、3-(3)
有限会社丸善興業3-(1)、3-(3)
東亞合成株式会社川崎工場2-(1)、3-(1)、3-(2)
株式会社中村総業 川崎支店1-(1)、1-(2)、1-(3)、1-(4)、2-(1)、2-(2)、3-(1)、3-(2)、3-(3)
有限会社サエグサ運輸1-(1)、1-(2)、1-(3)、1-(4)、2-(1)、2-(2)、3-(1)、3-(2)、3-(3)
かわさきファズ株式会社3-(1)
株式会社日新陸運部 鶴見事業所1-(2)、1-(3)、1-(4)、3-(2)、3-(3)
川菱産業株式会社 川崎営業所1-(2)
株式会社Kラインサービス1-(4)
セントラル硝子株式会社2-(1)、3-(1)、3-(2)、3-(3)

(取組項目)

1 自ら所有・使用しているトラック・バスに対する取組

  1‐(1) 産業道路を利用する際は、より低公害車を優先的に配車し、使用する。

  1‐(2) 産業道路を利用する際は、エコドライブを徹底する。

  1‐(3) 産業道路を可能な限り迂回する。

  1‐(4) 産業道路を利用するトラック運転手に対し、エコドライブ教育を行う。

2 事業所に出入りするトラック・バスに対する取組

  2‐(1) 運搬委託先等(産業道路利用者など)に対して、エコ運搬(低公害・

                   低燃費車の使用/優先配車、エコドライブの徹底など)の実施を依頼

                  する(指定荷主・指定荷受人 の場合は再度要請を行う)。

  2‐(2) 運搬委託先等(産業道路利用者など)に対して、エコ運搬の実施状況

                   を確認する。

3 業務車(大型車以外)、マイカー通勤車等に対する取組

     3‐(1)  従業員等(業務車やマイカー通勤車等の利用者など)に対して、車両

                   使用の抑制(公共交通機関の利用など)に努めるよう周知する。

     3‐(2)  従業員等に対して、車両使用時の環境配慮の実施(エコドライブの徹

                   底、産業道路の迂回など)に努めるよう周知する。

     3‐(3)  従業員等に対して、エコドライブ教育を行う。

通年実施している取組について(産業道路等における低公害バス等の優先運行)

川崎鶴見臨港バス株式会社及び川崎市では、産業道路等を走行する路線バス及び産業道路周辺地域でごみ収集を実施している市ごみ収集車について、令和2年度も引き続き、年間を通じて、ハイブリッド車や九都県市指定低公害車等の低公害車を優先運行します。

広報イメージ(PDF形式)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2530

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp