スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市気候変動レポート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年2月18日

コンテンツ番号75164

市内における気候変動の現状把握のため、「川崎市気候変動レポート」を作成しました。

概要

気温

 市内の気温について、3地点(大師、中原、麻生)の気温等の変化傾向(統計期間1985年~2019年)を求めました。(参考として、横浜地方気象台のデータを併せて示しています。)

  • 年平均気温は、統計期間の35年間において、全ての地点で上昇傾向が現れています。(大師:約1.6℃/35年、中原:約1.8℃/35年、麻生:約1.9℃/35年)
  • 真夏日(日最高気温が30℃以上の日)、猛暑日(日最高気温が35℃以上の日)及び熱帯夜(日最低気温が25℃以上の日)の日数は、全ての地点で増加傾向が現れています。
  • 冬日(日最低気温が0℃未満の日)の日数は、全ての地点で減少傾向が見られています。
年平均気温の経年変化

市内3地点及び横浜地方気象台における年平均気温の経年変化

降水量

 市内の降水量について、3地点(幸区小倉、宮前区野川、麻生区早野)の降水量等の変化傾向(統計期間1978年~2019年)を求めました。(参考として横浜地方気象台のデータを併せて示しています。)

  • 年降水量は、統計期間の41年間において、宮前区野川、麻生区早野で増加傾向が現れていますが、幸区小倉、横浜地方気象台(横浜市中区山手)では、変化傾向は見られていません。
  • 日降水量50mm以上の日数は、全ての地点で増加傾向が現れています。ただし、横浜地方気象台の観測期間全体(統計期間1897年~2019年)では、変化傾向は見られていません。
  • 降水日数は、全ての地点で変化傾向は見られていません。ただし、横浜地方気象台の観測期間全体(統計期間1897年~2019年)では、減少傾向が現れています。
年降水量の経年変化

市内3地点及び横浜地方気象台における年降水量の経年変化

レポート全文

「川崎市気候変動レポート2021」全文は、下記のファイルをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所

電話:044-276-8964