スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

水質検査

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年3月5日

コンテンツ番号51400

目的・概要

 飲料水等の検査により、水の安全・安心の確保に努めています。

(1)飲料水検査

 水道法に基づき、貯水槽水、井戸水等の水質検査(金属類、イオン類、全有機炭素(TOC)、色度、濁度等)を実施しています。

金属類  鉄やマンガンを検査します。
イオン類 塩化物イオン、フッ素、シアン化物イオン、硝酸態性窒素・亜硝酸態性窒素を検査します。
TOC 全有機炭素を検査します。
色度・濁度 水の色や濁りの度合いを調べます。

(2)プール水検査

 遊泳用プールの衛生基準に基づき、プール水の水質検査(濁度、過マンガン酸カリウム消費量)を実施しています。

(3)浴槽水

 川崎市公衆浴場法施行細則に基づき、浴槽水の水質検査(濁度、過マンガン酸カリウム消費量)を実施しています。

 

方法

過マンガン酸カリウム消費量の検査

 過マンガン酸カリウム消費量を調べることで、水中の有機物量がわかります。有機物の量は汚れの指標になります。主にプール水や浴槽水について検査をしています。

検体を100mL採取します。





(1)検体を100mL採取します。

試薬を加えて加熱します。





(2)試薬を加えて加熱します。

滴定を行います。






(3)滴定を行います。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局健康安全研究所

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)2階

電話:044-276-8250

ファクス:044-288-2044

メールアドレス:40eiken@city.kawasaki.jp