スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等及びアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査の実施について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月11日

コンテンツ番号82394

 標記の件につきまして、厚生労働省から依頼がありましたので、内容を御確認のうえ、御回答をよろしくお願いいたします。

・回答内容

「調査概要及び回答方法」を確認のうえ、(様式1-1)の記入をお願いします。

また、(様式1-1)にてアスベストのばく露の恐れのある施設に該当する場合は、(様式1-2)も併せて記入してください。

・回答方法 

(様式1-1)、(様式1-2)をダウンロードして記入の上、Eメールに添付し、下記のアドレスまで送付してください。

また、件名を「アスベスト実態調査の回答」としてくださいますようお願いいたします。

・調査対象外施設

(1)平成18年9月1日以降に新築の工事に着手した施設

(2)平成28年12月12日付けの前回調査において、「ばく露のおそれなし」と回答した施設(アスベスト未使用、アスベストが使用されているが除去済み又は飛散がない状態と回答した施設)

・回答先

高齢者事業推進課メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp

・回答期限 平成30年12月28日(金)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。
電話:044-200-2666
ファックス:044-200-3926
メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp