スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

京浜港共同ビジョンについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年2月25日

コンテンツ番号1258

概要

 川崎市では平成20年3月に締結された「東京港、川崎港、横浜港の広域連携強化に係る基本合意書」に基づいて、東京都及び横浜市とともに港湾に関する広域連携施策を検討しています。
 基本合意締結以降、三都市では、コンテナ船入港料の一元化や三港共同セミナーの実施などの連携施策を展開してきました。
 また、今後の京浜港が目指す方向性について検討を進め、港湾関係者・商工会議所・学識経験者等による京浜港広域連携推進会議における議論や意見を踏まえて、このたび「京浜港共同ビジョン」を三都市で策定しました。
 この「京浜港共同ビジョン」では、京浜港の現状分析を行った上で、将来像やその実現に向けた基本戦略等を掲載しています。
 今後は、地方自治法に基づいて平成21年12月に設置した「京浜港連携協議会」において、このビジョンの具体化に向けた取組を進め、可能な施策から順次実行してまいります。

詳細

「京浜港共同ビジョン」の構成

第1章 課題克服に挑む京浜港と港湾行政の総括

  1. 京浜港の現状
  2. 京浜港を取り巻く状況
  3. 京浜港が抱える問題点とその要因
  4. 港湾行政の総括

第2章 京浜港の経営の基本的な考え方と将来像

  1. 京浜港の経営の基本的な考え方
  2. 京浜港の将来像

第3章 京浜港の将来像の実現に向けた基本戦略と施策の方向性

  1. 【基本戦略1】貨物集荷策、港湾機能向上策の展開
  2. 【基本戦略2】合理的かつ効果的な施設及び機能の配置
  3. 【基本戦略3】広域的な課題への的確な対応
  4. 【基本戦略4】京浜港の一体的な経営の推進

参考

  • 京浜三港の組織概要
  • 京浜港広域連携推進会議委員名簿

備考

「京浜港共同ビジョン」の概要版もあります。
一部、図表が見えにくくなっている場合もあります。実物をご覧になりたい場合は下段の問い合わせ先までご連絡ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 港湾局港湾経営部経営企画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所本庁舎16階

電話:044-200-3062

ファクス:044-200-3981

メールアドレス:58keiki@city.kawasaki.jp