スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

地域の身近な相談役 民生委員児童委員をやってみませんか

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年6月2日

コンテンツ番号140731

麻生区では127人の民生委員児童委員が地域で活動していますが、欠員が37人おり、川崎市内で充足率が一番低いため、令和4年12月1日の一斉改選に向けて、民生委員児童委員を引き受けてくださる方を探しています。

民生委員児童委員とは

民生委員法により住民の中から選ばれ、厚生労働大臣に委嘱された非常勤の特別職公務員で、ボランティアとして、地域住民の暮らしを支援する人です。全ての民生委員は児童委員も兼ねており、子どもに関わる相談支援活動も行います。民生委員児童委員には守秘義務があり、地域住民から受けた相談内容の秘密を守ります。任期は3年で令和4年12月1日に一斉改選が行われます。

民生委員が担う役割

民生委員児童委員は、簡単に言うと「福祉のことを知っている近所の人」で、専門的な技能や資格を持っているわけではありませんが、担当する地域に暮らす身近な相談相手として、地域住民からの生活上の心配ごとや困りごと、医療や介護、子育ての不安などの相談に応じています。そしてその課題が解決できるよう、必要な支援へのつなぎ役となっています。

高齢化が進んでいる今、地域に民生委員児童委員がいることで、声を上げづらい人でもちょっとしたことを相談できたり、身近な地域での日々の些細な異変に気付き、状況を確認し、早期の対応につなげられる場合があります。

民生委員児童委員の活動の費用は

民生委員児童委員は無給のボランティアのため、活動に対しての報酬はありませんが、活動に必要な交通費や通信費として「活動費」が支給されます。

民生委員児童委員になるには

麻生区にお住いで、原則72歳未満の方(委嘱日時点の年齢。直近の委嘱日は、令和4年12月1日となります)。また、民生委員になるには、お住いの地域の町会自治会からの推薦が必要です。まずはお住いの地域の町会自治会にご連絡ください。(お住いの地域の町会自治会が分からない場合などは、麻生区役所地域ケア推進課にご連絡ください)

こんな方を探しています

・人と話すことが好き

・人の話を聞くことが好き

・出かけることが好き

・子どもが好き

・地域に貢献したい

・これまでの人生経験を活かしたい

・困っている人の力になりたい

・公正な考え方ができる

・多様な個性や生き方を大切にできる

・秘密を守ることができる

仕事をしているけれど大丈夫?

多くの方がパートなど働きながら活動しています。

民生委員児童委員のやりがい

ボランティアとして市民の暮らしをみまもり、支援する民生委員児童委員は、地域福祉の向上に欠かすことのできない存在です。また、多くの民生委員児童委員が、活動を通じて、友人や知り合いが増えたり、地域のことに詳しくなれた、感謝されることが嬉しい、など、大きなやりがいを感じています。

民生委員児童委員の活動に興味のある方は

民生委員児童委員になりたいと思っていただけた方は、お住まいの地域の町内会・自治会又は麻生区役所地域ケア推進課までご連絡ください。

地域の身近な相談役 民生委員児童委員をやってみませんか

関連記事

お問い合わせ先

川崎市 麻生区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)地域ケア推進課

〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1

電話:044-965-5156

ファクス:044-965-5169

メールアドレス:73keasui@city.kawasaki.jp