スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

消防法令の改正概要(消防用設備等)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年1月12日

コンテンツ番号24634

令和5年4月から二酸化炭素消火設備の基準が変わります

改正の背景

令和2年12月から令和3年4月にかけて二酸化炭素消火設備に係る死亡事故が相次いで発生したことを受け、同様の事故の再発防止のため、二酸化炭素消火設備に係る技術上の基準等が見直され、消防法令が改正されました。(二酸化炭素消火設備の設置に係るガイドライン外部リンク

(公布:令和4年9月14日、施行:令和5年4月1日)

二酸化炭素消火設備に係る基準改正のポイント外部リンク(総務省消防庁)

二酸化炭素消火設備に係る基準改正のポイントのポスター

二酸化炭素消火設備を設置している建物関係者の皆様には次の項目を実施していただく必要があります

(1)集合管又は操作管に消防庁長官が定める基準に適合する閉止弁を設けること

閉止弁(集合管)の写真

閉止弁(集合管)

閉止弁(操作管)の写真

閉止弁(操作管)

措置期限:経過措置期間は、令和6年3月31日まで

 

・閉止弁が設けられていない場合は、令和6年3月31日までに設けなければなりません。

・閉止弁については、消防長長官の定める「不活性ガス消火設備の閉止弁の基準」に適合させる必要があります。

・設置する時期によって基準が異なります。詳しくは次の表を参照してください。

 
閉止弁の設置基準 令和5年4月1日時点において既に閉止弁が設置されている場合 既に設置されている閉止弁に次の(1)から(3)の措置を講じること。(1) 直接操作により操作する部分に、操作の方向又は開閉位置が表示されているものであること。(2) 見やすい箇所に、常時開放し点検時に閉止する旨が表示されているものであること。(3) 直接操作又は遠隔操作により操作した場合に、確実に開閉するものであること。令和5年4月1日から令和6年3月31日までに新たに閉止弁を設ける場合 「不活性ガス消火設備の閉止弁の基準」に適合した閉止弁を設置 ただし、次の1~3の基準は免除 1 開放及び閉止の旨の信号を制御盤に発信するスイッチ等が設けられていること。2 閉止の状態で閉止の旨の信号が発せられること。3 開放の状態で開放の旨の信号が発せられること。令和6年4月1日以降に新たに閉止弁を設ける場合 「不活性ガス消火設備の閉止弁の基準」に適合した閉止弁を設置

(2)二酸化炭素の危険性を注意喚起する標識を設けること

二酸化炭素を貯蔵する貯蔵容器を設ける場所及び防護区画の出入口等の見やすい箇所に、二酸化炭素の危険性等に係る標識を設ける必要があります。

二酸化炭素の危険性に関する標識
二酸化炭素の危険性に関する標識

(3)建物関係者が維持管理しなければならない事項

・閉止弁は、工事、整備、点検その他の特別の事情により防護区画内に人が立ち入る場合は、閉止された状態であること。それ以外の場合は、開放された状態であること。

・工事、整備、点検その他の特別の事情により防護区画内に人が立ち入る場合は、自動手動切替え装置は手動状態に維持すること。

・消火剤が放射された場合は、防護区画内の消火剤が排出されるまでの間、当該防護区画内に人が立ち入らないように維持すること。

・制御盤の付近に設備の構造並びに工事、整備及び点検時においてとるべき措置の具体的内容及び手順を定めた図書を備えておくこと。

措置期限:令和5年3月31日まで

(4)消防設備士等による点検の実施

令和5年4月1日からは、二酸化炭素消火設備(全域放出方式に限る。)については、建物の大きさに係わらず、消防設備士等の有資格者による点検が必要となります。

二酸化炭素消火設備が設置された部分又はその付近で工事等作業を行う際について

社会福祉施設等に関する法令改正について

 社会福祉施設等で発生した火災を受けて、消防法令が改正され、社会福祉施設等の用途区分や、スプリンクラー設備、自動火災報知設備等の消防用設備等の設置基準が見直されました。

社会福祉施設等に関する法令改正について

病院・有床診療所等に関する法令改正について

 平成25年10月に発生した、死者10名、負傷者5名の被害を伴う福岡市の診療所火災を踏まえ、病院、診療所、助産所に関する消防用設備等の基準を見直し、消防法令が改正されました。

病院・有床診療所等に関する法令改正について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部予防課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2715

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84yobo@city.kawasaki.jp