スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市民間自転車等駐車場整備費補助金制度について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年4月1日

コンテンツ番号47089

民間自転車等駐車場整備費補助金制度のご案内

川崎市では自転車等の放置を防止し、道路機能の保全などに資する自転車等駐車場の整備を促進するため、民間自転車等駐車場の新設または増設に係る施設整備費の一部を補助しております。

補助金制度の概要

補助対象者

地権者又は民間駐輪場運営事業者、商店街、その他団体等

補助対象施設

  • 自転車等の駐車需要の著しい地域又は自転車等の駐車需要の著しくなることが予想される地域において、放置自転車及び駐車需要への対応など課題解決に資する民間自転車等駐車場の施設整備の実施が対象となります。

  ※「川崎市自転車等駐車場の附置等に関する条例」により設置する駐輪場は対象外となります。

対象区域

  • 川崎駅周辺、武蔵小杉駅周辺及び武蔵溝ノ口駅周辺において、それぞれの駅から概ね500メートル以内の区域。
  • 川崎駅、武蔵小杉駅及び武蔵溝ノ口駅を除く市内又は本市に隣接する駅から概ね300メートル以内の区域。
  • 立地等について市長が適当と認める区域。

施設規模

  • 新設又は増設される自転車等の収容台数は30台以上であること。

※原動機付自転車及び125cc以下の自動二輪車は1台に付き1.5台分として換算します。

補助金の返還

  • 補助金の交付の決定を取り消した場合は、自転車等駐車場の構造及びその運営期間に応じて補助金を返還する必要があります。

市内中小企業者への協力

申請者は、補助金額が1,000,000円を超え、補助事業等に係る工事の発注、物品の調達等を行う場合には、市内中小企業者により入札を行い、又は2者以上の市内中小企業者から見積書の徴収を行う必要があります。

補助金の額

  • 土地取得費を除く、「建設費及び駐車器具整備費の合計額」又は「自転車1台当たりの整備費の基準単価に収容台数を乗じて得た額」のいずれか低い額の2/3以内の額を補助します。
自転車等1醍当たりの整備費の基準単価
 構 造 自 転 車    

原動機付自転車又は

125cc以下の自動二輪車 

 平 置 式 6万円  9万円
 立体自走式 20万円  30万円
 立体機械式 30万円  45万円

申請手続き等

  • 本制度の詳細については、「川崎市民間自転車等駐車場整備費補助金交付要綱」をご参照ください。
  • 申請手続きにあたっては。はじめに事前相談において概ね補助の対象となるかの確認を行います。
  • 申請から交付までの手続きの詳細については「民間自転車等駐車場整備費補助金制度・申請から交付の流れ」をご参照ください。

その他

  • 申請の受付は秋ごろまで随時受付を行います。
  • なお、予算額に達した場合は受付を終了いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局自転車利活用推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバークビル20階

電話:044-200-3596

ファクス:044-200-3979

メールアドレス:53ziten@city.kawasaki.jp