スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

防音対策は

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年9月7日

コンテンツ番号15158

防音対策が必要になりましたら次の点を参考に実施してください。

防音対策のポイント

二重にするか、つぶしてしまう

 防音材をつかう

煙突など

できるだけ高いものにする

換気扇

 防音型にする

天井

防音材を使う

クーラー室外機

防音対策をする

スピーカー

音響出力の小さいものにする

出入口

二重構造にする

店外

 大声で送り迎えしない

効果ある防音材料

次の防音材を使用すると次の程度、騒音を減少させることができます。

アルミサッシ引き違い窓 20デシベル
アルミサッシ2重窓 25~30デシベル
防音サッシ 25~30デシベル

換気扇

防音型 30デシベル程度

コンクリートブロック(モルタル仕上げ) 40デシベル程度
鉄筋コンクリート(モルタル仕上げ) 45デシベル程度

出入口

木製ドア 15~20デシベル
鋼製ドア 20~25デシベル

飲食店のみなさんへ(リーフレット)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課 騒音振動担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2525

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp