スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年4月1日

海外に居住することになりました。国民年金の手続きは必要ですか。

No.124651

回答

住民票の転出届を出して海外に居住する20歳以上60歳未満の国民年金第1号被保険者の方は、原則自動的に資格を喪失するため、年金の手続きは不要です。ただし、海外在住期間の納付を希望する場合は、任意加入の手続きが必要です。なお、高齢任意加入者の方は、海外に転出しても任意加入が継続されます。

詳しくは、お住まいの区の区役所保険年金課国民年金担当又は支所区民センター保険年金担当、若しくはお住まいの区を管轄する年金事務所にお問合せください。

川崎年金事務所 044-233-0181 (川崎区・幸区にお住まいの方)
高津年金事務所 044-888-0111 (上記以外にお住まいの方)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局医療保険部国民年金・福祉医療課

〒210-0005 川崎市川崎区東田町8番地 パレール三井ビル12階 なお、郵便物の宛先は従来通り「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2639

ファクス:044-200-3930

メールアドレス:40kokufu@city.kawasaki.jp