スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年12月26日

災害発生時における児童・生徒の安全確保について知りたい。

No.54179

質問概要

災害発生時における児童生徒の安全確保について知りたい。

回答

<震度5強以上の地震発生時>
川崎市内のいずれかの地域に、震度5強以上の地震が発生した場合は、発生した日の翌日を全市一斉に臨時休業といたします。ただし、発生した時刻が始業時刻前であった場合は、発生した当日についても臨時休業といたします。
発生した日が休日、休前日(例:金曜日)の場合は、休日明けの平日を臨時休業といたします。なお、休日明けの平日が課業日でないとき(夏季休業中や振替休日等)は、部活動等の児童生徒の活動をすべて中止といたします。
<下校>
児童生徒が学校にいるときに、川崎市内のいずれかの地域に震度5強以上の地震が発生した場合は、小学校、特別支援学校においては、すべての児童生徒を保護者に直接引き渡すことを原則といたします。また、中学校、高等学校ではあらかじめ保護者と合意した方法により下校となります。
<暴風警報発表時>
台風等により午前6時の時点で川崎市に限らず、神奈川県内のいずれかの市町村に「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」のいずれかが発表されている場合、その日は臨時休業となります。臨時休業の際は「わくわくプラザ」もお休みとなります。ただし、定時制高等学校及び西中原中学校夜間学級については午後2時の時点とします。
<計画運休発表時>
午前6時の時点で、市内の全駅を含む区間で市内鉄道会社全社が計画運休を実施している場合は、当日を臨時休業とします。ただし、定時制高等学校及び西中原中学校夜間学級については午後2時の時点とします。
<緊急避難場所開設に伴う臨時休業>
洪水浸水想定区域等に対する警戒レベル4の避難勧告もしくは、避難指示(緊急)が発令されるなど大規模な風水害時に緊急避難場所として開設された学校は、避難所業務が終了した時刻が属する日とその翌日を臨時休業とします。

参考情報

教育委員会指導課 電話:044-200-3286

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会学校教育部指導課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3286

ファクス:044-200-2853

メールアドレス:88sidou@city.kawasaki.jp