スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援事業実施要綱

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年9月30日

コンテンツ番号121127

制定年月日

令和2年(2020年)9月11日

最近改正年月日

令和2年(2020年)9月11日

概要

 新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、妊産婦は日常生活等が制約され、自身のみならず胎児・新生児の健康等について、強い不安を抱えて生活をしている状況にある。とりわけ、感染が確認された妊産婦は、出産後も一定期間の母子分離を強いられる可能性があることなどから、メンタルヘルス上の影響や親子の愛着形成の障害等が懸念される。また、予定していた里帰り出産が困難となり、家族等による支援を得られず孤独の中で産褥期を過ごすことに不安を抱え日常生活に支障を来す妊婦も存在する。
 これらの状況から、国の通知を受けて、本市における新型コロナウイルスに感染した妊産婦への支援について定めるものである。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局こども支援部こども保健福祉課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2450

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:45kodohu@city.kawasaki.jp